Icewind Dale 2 part.3

1章は二つに分けた方が良いんじゃないかと言うくらいに長かったが、なにやら2章はすぐに終わりそうな感じがする。実際にはBGの方が章のボリュームは大きいはずなのだが、そう感じにくいのはオープンな作りだったからなのかな。2章に入るまでフルプレートが手に入らなくて(もうレベル7なのに)、敵の攻撃が痛すぎで早く終わってくれとも。
なにやら日本語が日本語ですら無くなってきているような気がする。謎解きも誤訳しているのか表記されている内容が間違っていたりするし。

IWD2-GameOver.jpg

ありのまま今起こった事を話すぜ。赤サークルがついていて敵対しているNPCを入り口にバルサン炊いておびき出して倒したらゲームオーバーになった。
何を言ってるのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった。

どうやら敵対しているNPCが近寄って話しかけてくるまで待って、会話が終了してから戦闘を始めてNPCを倒さないとゲームオーバーになるらしい。なんじゃそら。というか、近寄って話しかけてくるまでに不利な位置取りになる以前の問題で、既に取り巻きにガシガシ攻撃されているんですけど。

IWD2-Hostile.jpg

例えばMorrowindの友好的でちょっとやそっとのことでも全く怒らないVivicさんを殺したら進行不能の旨が出た。とかなら余裕で納得がいくのだが、これは頂けない。戦闘状態で待機していて、見つかると攻撃してくる連中を攻撃しては駄目というのは納得がいかない。考えたやつは馬鹿だろう。Arcanumだとクリアに必須の情報を会話で聞き出せなかった場合も考慮されていて、メモや日記なんかが何処かにあったりするのだがね。

これの少し前に出てくる戦闘の開幕に回避不能のFireball二連発+Icestormを使ってくる初見殺しの敵もまず全滅コースで大概に酷いのだが、こっちはまだIWDらしいといえばらしいのかね。折角の中ボスっぽい竜人は地形の仕掛けだけで至ってまともな戦いで良かったが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。