STEINS;GATE #1 Technical Issues

昔Xbox 360のデモをやって、あまりの痛々しい台詞にやる気を失わされてしまって以来。
今やっても痛々しいが耐えられるのは、出てくるネタが時間の経過でより風化したことと、私自身が老いたことだろう。
登場人物が痛々しかったり基地外なのは、オオカミ少年的な効果を狙っているようにみえる。物語の都合にあわせて、真面目な話を受け入れなかったり、逆に突拍子もないことを言い出させても違和感が少なくなることを期待しているように感じる。言動が軽率すぎたり基本的にアホなのも、物語を転ばさせるための仕掛けに感じられた。

タイムトラベルを題材にしたアドベンチャーゲームやノベルゲームというと、私にとっては「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」で、どうしてもそれと比べてしまう。

YU-NOでは、タイムトラベルの理論については説明してくれるが、それを行う装置の原理についてはオーバーテクノロジーゆえ詳細に語られることは無かった。STEINS;GATEでは、装置の原理を技術的な部分にまで踏み込んで説明しようとしてくれるのは好感が持てるところである。よく考えると細かいところは解決していなかったりするが、それについてもある程度は作中でもそのように触れられる。

逆に、説明しすぎる弊害で、その手の分野に詳しい人ならあっさりと不可能だと分かる。ほどほどに現在のテクノロジーでは説明がつかないが何故か出来る、という濁した表現を混ぜた方がよかったのかなと思う。そうすると、それをよしとしない性格である助手の存在が厄介になってしまうが。

例えば、3TB超の情報を36バイトまで圧縮するということは、ブラックホールなら確かに出来る可能性はあるだろうけれど、それはコンピュータ上で行われるアルゴリズムによる符号化ではなく、単純に電気信号なんかを超圧縮したものになる。それは36バイト=288個のビットにデータを収めるのではなく、3TB=3,298,534,883,328バイト=26,388,279,066,624個のビットを288ビットと同じ大きさに潰すものである。数値化する場合、ビット未満の情報を扱える粒度、少なくとも10^-12ビット、仮に呼ぶならピコビットの単位系が必要になる。
ところで、現在のコンピュータおよび情報伝達手段はビットが扱える情報の最小単位である。ブラックホールで3TBの情報を36バイト未満に圧縮できたとしても、ビットまでしか扱えない通信回線やX68k、携帯電話などを経由すると、その情報はビットまで切り捨てられることになる。288個のビットに圧縮ではなく捨てられてしまうのである。JPEG画像のように非可逆で元に戻せない劣化した情報の出来上がりとなる。
タイムリープは成功しない。

TwitchChatPlugin 1.0 for Yukarinette

TwitchChatPlugin 1.0 on GitHub

TwitchChatPlugin は、ゆかりねっとで音声認識した文章をTwitchの自身のチャンネルに発言することが出来ます。使用にはチャット用OAuthの取得が必要ですが、詳細はREADMEを読んで下さい。

streamingラグを考慮した遅延送信機能と、スパム抑制機能を追加しています。遅延時間は自身の配信設定やTwtichサーバーとのラグを考慮しながらいい感じに調整してみてください。

Rance 10 #1 Firtst time to Clear A

ランス10の初見プレイは「クリアA 強行突破」でした。

ネタバレ情報なんかは特に見ていないものの、発売から購入までの3, 4日の間にTwitterのフォローしている人で漏れ聞こえてきた情報はやや頭に入っている状態で、その辺の話を考慮すると”多分”完全クリアに相当するエンドなのかなと思います。なんせこれしか知らないので、確信が持てない。
クリア後に教えてもらった話では、最も難しいとも言われているルートらしい…そりゃしんどかったわけだ。

ランス10は、難易度が高めとなっています。

初めてのプレイで完全クリアはかなり難しく、
世界を救う事が出来ないクリアルートになる可能性が高いです。

ある意味バッドエンドですが、その経験を次に繋げて試行錯誤をして、
何度目かに真のクリアルートに到達していただけたらと思っております。

マニュアルにはこう書かれていて、アリスソフトのゲームは伝統的にそんな感じなので、最初は失敗するんだろうなと思いつつ、これ明らかに周回向けのルートだろうと思いつつ、それでも進めていたら後に引けなくなっていったという感じでやっていました。

2月26日の深夜に買って(デレステのイベントが終わって余裕ができた後)、27日からプレイを始めて3月10日18時に終わったので、12日間くらいかかったことになります。平日は3, 4時間程度のプレイに過ぎないけれど、とても長く疲れたプレイングでした。一般的なプレイ時間がどれくらい要するのか分かりませんが、局所的なやり直しのためのリロードが非常に多かったです。

折角なので、プレイしながら書き取っていたメモを、ほぼ原文ママ(編集が面倒)で以下に載せようと思います。読み返してみると、手探りながらプレイしていた生々しさが残っているような気がします。一方で強敵のところで、「倒した」と一言だけ書いている行間には、何度もリトライしていた様子は薄れている感じでした。

なお、ランスシリーズのプレイ履歴は、鬼畜王ランスと戦国ランスのみ。他のも機会があればやろうと思っているうちに完結してしまった…

以下、ネタバレありの初回プレイのメモ。
Markdown形式で書いていたが、Wordpressはその記述にデフォルトで対応していなかった…

続きを読む →

TwitchChatPlugin 0.1 for Yukarinette

ゆかりねっとプラグインを作りました。

TwitchChatPlugin 0.1 on GitHub

TwitchChatPlugin は、ゆかりねっとで音声認識した文章をTwitchの自身のチャンネルに発言することが出来ます。使用にはチャット用OAuthの取得が必要ですが、詳細はREADMEを読んで下さい。

ニコニコ動画やYoutube Liveでは既に同種のプラグインはあるのに、私が主に利用しているTwitch向けには無かったというので、やってみようかなと思ったら割と楽に出来たやつです。一番大変だったのはWPFでのウインドウ作りだったかもしれない。

とはいえそれよりも面倒臭そうな、streamingラグを考慮した遅延送信とスパムコントロールは後回しです。非同期処理が避けて通れませんが、使用しているTwtichLibに非同期メソッドが容易されていなさそうなのと、適当にスレッドプールに投げて終わりというわけには行かないだろうなという状況があるので。
そういうわけでバージョンは0.1のpre-releaseとなっています。

もう一つ、汚い言葉を使用したときのフィルタリングも機能も本来は必要で、これが無いとTwitch側の機械判断 (AutoMod) に引っかかってペナルティをもらう可能性があります。そういう言葉を使わない善良な人でも音声認識の都合、誤認識で思わぬワードが出ることもあるので注意して下さい。
これはGoogleの音声認識部分である程度はやってくれるのと、Twitch側の処理は日本語に対してはまだそう厳しくないだろう(未対応の可能性すらある)というのと、ゆかりねっとアプリケーション側でやったほうがいい機能だろうかつ、やってくれそうという判断から優先度は低いです。