Icewind Dale part.5

ファイター/コンジュラーが完成したが、クソつえー。
BGよりも強力なスペルが使えるし、BG2のように敵が当たり前のように高レベルスペルを連射してくるわけでも無いし。ただ、メイジが3人もいるとスクロールが圧倒的に足りないのが難だなあ。

とか言って進めてたら、6章でマラヴォンが狂ったように高レベルスペル撃ってきてワロタ。
休憩を横着して、殆どスペル使い切ってHPも減りまくった状態で戦闘。

マラヴォンを放置してると、調子に乗るわでかい雑魚が通路を塞ぐわで対処が面倒になるので、まずはこれをなんとかする。開幕で固定位置にフォグをまいてくるので前衛二人がヘイストで突っ込んで発動前に裏に回り込む。マラヴォンは後ろに逃げようとするのだが、上手く退路を塞いで殴ってるとフォグにまかれて勝手に死ぬ。
後は、残りの面倒な雑魚処理をする。雑魚に囲まれまくるがAC-15,-16程度あれば滅多に食らわなかった。後衛は適当にフォグで即死しない召還生物を送り込む。アンバー・ハルク対策でカオティック・コマンドがあれば楽なんだろうけど既に使い切っていた。

全部処理すると、BGの鉱山のボス以上に防御スペルで身を固めた真マラヴォンが後衛のあたりに出てくる。コンティンジェンシー系の即時発動スペルがIWDにあるわけでも無いのにここまでインチキくさいことをやられるとなあ。後衛は召還なりで適当に時間を稼ぐ。前衛はフォグを突っ切って後衛と合流。
マラヴォンはしばらくディメンジョン・ドアで逃げ+ウェブ+クラウド・キルとNPCの虐殺に勤しむので、適当に召還生物だけ送って通路で食らわないようにする。

一通りNPCを壊滅させたあとは自室に引き籠もっているので、遠距離攻撃(マジックアイテムじゃないと駄目かも)でミラー・イメージを剥がす。近寄ると痛い範囲魔法やら即死系魔法を撃ってくるので召還生物を囮に。メルフズ・アシッド・アローやらマジック・ミサイルやらスパイク・ストーンズやらの攻撃回数の多い魔法で削ろうにも、インチキくさいマジックレジスタンスとスペル・ディフレクションっぽいガードで完全に防いでくるので無理。ディスペルは残っていた1回を撃ってみたが効かなかった。
トゥルー・シーイングとかマジックレジスタンス下げるスペルとか、ブリーチ系のスペルとかが無いIWDで、こいつは何でこんなにムキになってるのだろうとは思うが我慢。

ミラー・イメージが剥げたら倒せるまでタコ殴り。ここでも召還生物は大抵瞬殺されるので囮以上は期待できない。フィンガー・オブ・デスを馬鹿みたいに連射してくるので即死スペル対策済みのの前衛が行くと良い。多分固定配置のデスブロック盾が同じダンジョンで手に入るのでそれを有効利用。
痛いマラヴォンズ・レイジは詠唱が長めなのでしっかりヒットさせてると詠唱妨害可能のはず。駄目そうなら範囲は狭いので離れる。

Related Posts


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。