Pillars of Eternity part 2

渋めのFighterも仲間になって付近のエリアを散策しつつクエストをこなす。そういえば魂に関することがテーマになるんだっけと、Kickstarter Updatesで書かれていたsettingsをメインクエストで思い出す。
村のTempleは、Shade / Shadowの大軍が強すぎて倒せなくは無いが、明らかにレベル不足な感じなので一旦保留。ドア前で待ち構えて一対一に持ち込もうとしても、テレポートをして回り込んでくるので、この戦法には意味が無く厄介なのだ。

PillarsOfEternity-Shade

そうこうしているうちに薄汚いおっさんのPriestも仲間に。ゲーム内ダイアログでもそういう描写がある。Healer classといっても、回復できるのはShort-term HPのEnduranceだけで、Long-term HPのHealthは回復できないので、あまり無理なこと出来ない感じ。なので、HealよりもShield系のspellの重要度が高くなっていると思う。Healthが大分無くなってくる頃にはSpellも使い切る、くらいのペースで進めていこう。

Difficulty Hardだと、敵の数が増加している傾向にある。敵自体の強さは比較検証していないので知らない。何も考えずに普通に殴りにいくと、大抵ボコボコにされてゲームオーバーか、勝てても結構な被害が出て痛い目に遭う。特に、Warrior系以外のキャラクターが殴られるとあっさりと溶けていく。
大体の体感だとIcewind Dale 2のNormalからHardの間あたりの難易度だろうか。Icewind Dale 2は、Infinity Engineゲームの中でも恐らく一番難しい部類だと思う。

 

PillarsOfEternity-Troll

今のところ重要そうな戦術は二点。
一つは、D&Dでもお約束の、Damage DealingよりもCrowd Control spellが強いということだろう。Damage Dealingだけでは直ぐに使い切って息切れしてしまうし、多くの場合は敵を倒しきることが出来ない。何度もキャストしている最中にもTank役は消耗していく。Flankied (挟撃)の要素があるため、何匹かを無力化して一度に少ない敵を相手に片付けていった方が、結果として消耗せずに済む。

もう一つは敵のDefensive Statsを見極めること。キャラクターには、

  • Deflection (いわるるAR。物理防御)
  • Fortitude (いわゆる頑健セーブ)
  • Reflex (いわゆる反応セーブ)
  • Will (いわゆる意思セーブ)
  • 8種類のダメージタイプ別のDamage Reduction (ダメージ減衰量)

がそれぞれ設定されている。これらの弱点を突く手段があると、Hardでも割とあっさりと倒せる場合がある。弱点を突いても倒せない場合は、戦術を変えてみるかレベル不足を疑ってみるべきだろう。

例えば、厄介になっているShade / Shadowの場合、高いDeflectionを持ち、Frost、Shockに対して高いDamage Reductionがあるので、殴りまくっているだけでは殆どダメージが与えられない。Fire spellあたりで倒しやすくなるだろう。FortitudeとWillも低めなので(それでも高い部類だが)、Paralyzed効果のようなspellは効く望みがあるだろう。
Trollの場合は、Fortitudeが異常に高いが、ReflexやWillは低いのでCharmed効果のようなspellが有効だと分かる。定番の弱点である炎は、特に弱いというわけではないし、トドメに必要というわけでもないようだ。

これらのStatsは戦闘開始時は伏せられているが、対象となる攻撃を行うこと(それ以外でも条件があるっぽい?)で判明していく。Expert modeにチェックを入れておくと全くの非表示になるのだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。