Prison Architect

Construction and management simulation (CMS)

前から目をつけていたのだが、何時まで経っても完成しないのでとうとうセールで買ってしまった。

アルファだからと言ってしまえばそれまでだが、最初のチュートリアルは本当に最小限の操作方法と謎のフレーバーなだけで、全体的に不親切。自分で使い方を試行錯誤したり、調べたりする必要がある。
囚人の受け入れと停止する方法とか、programsやworkのアサイン方法とか、脱走の痕跡を見つけたらどうするべきなのかとか、複数の発電機の配線方法とか、監視カメラの配線方法とか、ちょっとこのゲームをやっただけでは分からない/分かり難いことは非常に多い。

一番重要なのは、Grants(助成金)を達成して資金を得ていくということだろう。でないと早々に資金繰りに困るはずだ。Grantsは一部を除いて、普通にやっていれば達成できるものなので、着実に達成していくことがこのゲームを理解していくことになっていると思う。
そして最初に読めと言われているCEOの手紙にもGrantの存在は書いていない。なんてこった。

この手のゲームは規模を大きくしつつも破綻無く大きな収益を得るというのが骨子なのだが、このゲームに限って言えば何回かプレイを重ねてセオリーを知り、安定化させてしまうと囚人を受け入れて従順に生活しているのをひたすら早送りしながら見ていくだけになりつまらなくなってしまう。ああでもないこうでもないと失敗して、時には大暴動に見舞われながら自転車操業的に経営している初回が一番面白いと思う。
慣れてしまうと仕方がないので、最初から危険人物のみをひたすら受け入れて、独房無しでどこまで収容できるのかなんてのを試してみたりもするも、やはり安定化してしまう。危険人物しかいないので小競り合いは茶飯事なのだが、暴動にまでは到らない。以下がその様子。

prison-architect

どうやら初期マップサイズをsmallから拡張していない状態だと400人弱が限度な気がする。
この施設を作ってShower roomもCommon roomもいらないということが分かったのだが(Yardが不要なことは早々に分かるのだが、景観的に配置してるだけ)、それよりもKitchenの消費電力だけで発電機を一つ使い潰している状態で、Holding Cellの大きさよりもそちらが頭打ちになってしまっている。これ以上収容しようとするとなると、KitchenとCanteenを拡張して、二つ以上の発電機をKitchenに割り当てるようにしないといけない。

Confidential Incidentとかいう密告者を仕立て上げて情報を得るとか、なかなか細かいメカニックも用意されているのだが、現状これをやる全く必要性が無い。安定しているので特に問題も起きないし、やりたければ全員を問答無用で取り調べればいいからだ。
もう一工夫あればより深みのあるゲームになると思う。

Related Posts


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。