Deus Ex part.3

三択のうちどれかを選べと言われたら、定番かもしれないがサイバーパンクならあれしかあるまい。ロマンである。後で残りの二つを見てみたが、どれも一歩間違えれば再び危険なことになりそうで、どれが最善というのは無さそうではあるが。
ただ、施設を一カ所吹っ飛ばしただけで、Aquinasによるネットワークやら情報管理AIが消失して世界中のインフラが…というのは該当施設への依存性が強すぎて貧弱すぎるシステムな気がしてならない。インターネットすら根幹のルートサーバが数カ所無くなっても機能するように分散されているはずなのに。

続いてInvisible Warをやってみるが、どちらも死体と死体が落とすアイテムの処理に難儀しているように感じられる。
まず、Deus Exで死体を担ぐにはまず死体の持っている全てのアイテムを拾わないと駄目なのが痛すぎる。常にインベントリ最大までアイテムを持ち込んでいるので、死体の持ち運びはあきらめるしかなかった。幸いにも死体を見つけて騒ぐものの、すぐに通常巡回に戻るAIなので、面倒ごとにはあまりならなかったが。それはそれでどうかと。
Invisible Warではアイテムが死体の下に潜り込むので、今度はいちいち死体を持ち上げてアイテムを探す羽目に。アイテムは拾わないわけにはいかないので無視しきれず面倒である。

ほかにもInvisible Warでは、やたらレベルが小さく必要最小限だったり、PCがその辺のモブキャラのような外見で(今のところ)全くの個性が無かったり、見てくれがよくなった分棒立ちで喋っているのが気になったりと、Deus Exと比較すると気になる箇所が目立ってしまう印象。
Skillも無くなりBiomodだけになったが、SkillとAugmentationの二つがあるからこそ、それぞれで補ったり、それぞれを強化したりすることで、多様性が増して良い感じになっていたと思うのだが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。