Vampire: The Masquerade – Bloodlines Unofficial Patches

最近販売サイトが増えて喜ばしいVampire: The Masquerade – Bloodlinesの、有志により作られているUnofficial Patchに対する個人的見解。何が言いたいかというとVtM – Bloodlinesは面白いからやろうよということです。Redemptionは色々と残念。

Official Patch v1.2

  • 今販売されているものは恐らく全て1.2のはずである。クリティカルすぎるバグのみ直って遊べるように。でもまだまだバグる。
  • 何かと怪しいリリース当初の1.0でも評価がそこそこまともだったのはすごい。

 

True v5.04AT Unofficial Patch

  • このpatchがリリースされた2007年頃までに判明している大小様々なバグを解消出来る範囲で解消したもの。これだけでも多分殆どのバグは解消済み。
  • あくまでオリジナルへの準拠に徹しているため、バグに陥りやすい状況などはそのままになっていたりする。

 

Unofficial Patch

  • Unofficial Patchという名前はついているものの、大幅な修正と変更を含んだ大型Modと言った方が近いかもしれない。TOEEで言うCo8のような存在とも言えるだろう。
  • インストール時にBasic PatchとPlus Patchの二種類が選べるが、Basicだとゲームバランスそのものには手を加えられていない。Co8にもNC版があったりしていたのでそんな感じと行って分かる人はそんな感じで。
  • ではBasicではどの辺がさらに変更されるのかというと、NPCの配置や挙動を変更したりと、バグが発生しにくくなるような対応も取られている。また、店に売っているアイテムが補充されることを利用した本の無限買い戻しなんかの仕様の怪しい部分も変更されて出来なくなっていたりする。
  • Plus PatchではPCが大幅に弱体化されている。Blood Healという回復が追加された代わりに、Blood Buffの効果が2ポイントだけになっていたり。Clan毎の特性と特技を駆使して戦えば…というような調整になっている。特に序盤の経験値不足の時は一発殴ったらこっちがよろめいて反撃受けるわ、銃撃しても照準でかすぎるわ豆鉄砲だわとと人間以下の弱さでどうしようもない。従ってサブクエストをきっちりとこなす必要性が高まっているだろう。
  • どちらのpatchでも最初のキャラクター作成時にArcanumのようなBackgroundが追加されている。ロールプレイヤーや能力の特性が分かっている周回プレイヤーにとってはより良いものになるだろうが、選択次第ではClanの特性をスポイルする可能性もあるので慎重に選ぶべきだろう。
  • 他のModをいくつか取り込んでいる。Vampireの牙を生やすreplacerや銃声の強化、ShaderやMemoryを最近のデバイスにも対応できるように改変したDLLなど。modding toolsも同梱されているので、moddingへのとりかかりも容易だろう。
  • 色々変更されまくっているのだが、一部改悪ともとれるような変更も含んでいる。例えばカットシーンが変更されてアマチュア臭くなった。オープニングではゲーム中に出てくる主要NPCが顔見せをしているのだが、さらに多くのNPCを入れようとして無理のあるカットの繋ぎになってしまっている。また、一部のNPCの同胞贔屓が無くなり、どのClanでも同胞のような恩恵を受けられるようになったりしている。
  • 今でも精力的に更新が行われているので、既にやり尽くした人でも新たな変更点を探しながら遊べる。

とりわけ初回時のお勧めはTrue v5.04 Patchに銃声強化がおすすめ。特に目立った不具合が無い場合はDLL修正系は不要だがShader fixとMemory fix(アップロードされている場所がどこかいった?)を入れても良い。Unofficial Patchにも同梱されているのでengine.dllとshaderapidx9.dllをコピーするのが手っ取り早いか。面倒な人はUnofficial PatchのBasicでもいいだろう。
ワイドスクリーン対応はResolution Patcherで。Memory fixと競合するかも。
周回プレイ時はもちろんUnofficial PatchのPlusで。

基本的に詳しいふりをしているだけなので、変なところあったら教えてください。

 

(追記)
64bit OSで動作させる場合には、別途パッチが必要です(Mさん情報提供有り難うございます)。この場合UOPに含まれているMemory fix済みのengine.dllは必要ないので元のengine.dll.12をengine.dllにリネームしてパッチを適用して下さい。
ワイドスクリーン対応のためのResolution Patcherはengine.dll関係のパッチを当てた後に実行して下さい。

(補足)
Resolution Patcherや64bit OS対応パッチはUnofficial Patchにも含まれているため、これを利用する場合は別途ダウンロードしてくる必要はありません。インストール先のToolsディレクトリにあります。

(追記2)
filefrontの日本IP規制につき。
Vampire: The Masquerade – Bloodlines Patches and Overhaul mods


2件のコメント

  1. 同一のものかはわかりませんが、Memory fix にあたるものがありました。
    https://iain.cx/articles/bloodlines/index.html?part5
    これが必要なのは、Windows Vista, 7 の 64bit 環境のみみたいです。
    私は Steam の Weekend Deal で購入したばかりですので、お勧めされている True v5.04 Patch + 銃声強化 MOD で始めようと思います。

  2. 情報有り難うございます。
    ローカルに残っているmemory fixのドキュメントのロシア語を翻訳にかけてみたところ、どうやら2GB以上のメモリを積んでいる際に起こりうるバグを修正するもののようです。
    UOPに含まれているものは、巨大なドキュメントに書いているようですが、上記のメモリバグ修正の他にもいくつかの修正が行われているようです。
    ということで、調べてみるとどのfixもばらばらなようですが、64bitOSに対応させるためには教えて頂いたものを、XPならばUOPを使うかUOPからengine.dllをコピーしてくるというのが良さそうですね。
    また、ワイド画面に対応させる場合は、それらのパッチ後に実行でいけそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。