Dragon Age: Origins part.7

DragonもどきのShapeshifterと、High Dragonを倒す。
戦えるようになった直後は勝てる気がしなかったのだが、前衛が噛みつきホールドされても即死しないだけの体力があれば適当にやっても勝てるもんだなと。むしろ相手を状態異常に陥れて行動を妨害することがまず出来ないので(ステータスダウンなどは狙えるが)、常に体力だけに気をつけておけばよく、強いグループとの戦闘よりも楽といえば楽で、単調といえば単調。
戦闘がネトゲのように簡略化されているので、BGのように、戦術だけで8割くらいは勝負が決まるようなものではなく、単純にポーションがぶ飲みだけでなんとかなってしまうのがやはり残念だ。
magiとrogueで2周目以降をやってみたい気はあるのだが、バランス調整系のmodに期待してみようかな。

Dark Promiseは、なんじゃそらと説得力に欠ける理屈で納得がいかない。得てして儀式や魔術というのは不可思議なものだろうけれど、それでもね。その前のGray Wardenの秘密に関しては、Joiningの内容があれだったのでまだ納得はいくのだがなあ。
単に二択を選ばせたかっただけな気がする。

とはいうものの、それ以降の盛り上げ方が良かったので、終わり良ければなんとやら。
Mass Effect 2のように防衛と討伐にわけたりするのだが、その時に仲間が順番に一声かけてくれるのがいいね。何故かWynneが喋らなかったが…Shaleの所為?

ラストバトルは戦い方が分かっているかどうかで、相当楽になりそうな感じ。途中の雑魚が沸きまくってくる状況で、次のパターンへの移行に手間取ったので、その間に主人公以外の3人がダウンしてしまったが、分かっていればどうということはないだろうし。
主人公はMassive Armor着て剣と盾のTankビルドでさらにFadeでのドーピングでガチガチになっていたので、ポーションがある限りは全然死ぬ気がしなかった。対するAlistairは柔かったし、やっぱりFadeのドーピングとアクセサリが効いているのか。

dao-end.jpg

 Awakeningと他のmodulesはどうなんだろう…微妙な感じが漂っているのだが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。