Dragon Age: Origins part.5

押し合い判定がかなり小さいためか、AIが位置取りのために好き勝手に動く所為か、団子状態になりがちだな。敵のメイジやアーチャーは距離取ったりと嫌らしい動きをしてくる場合もあるのだが、それでも盛大に自分と味方を巻き添えにするFireballなんぞを撃ってくるのは惜しい。

Circle of Magiへ。
Strに割り振りまくって、前のクエストの最中で手に入れたJuggernaut Plate Armorを着られるようにしてみたところ、大分Warriorがマシになった感じ。Wynneの回復と相まって、Revenant一体だけならNormalでも倒せるようになっている。
しかしながら、敵のTemplerのHoly Smiteで全員ぶっ飛ばされて、気絶しているうちに殴られまくって、Warrior以外が真っ先に死ぬあたりは運ゲーっぽい気がするのだが、戦術がまずいだけなんだろうか。

悪名高いFadeへ突入。
確かに、盛り上がりのない一人だけのパートの割には何度も同じ場所を往復をさせられてやたら長い。というか、Form ChangeってNWN HotUでも同じようなことやっていませんでしたか。一応これを切り替えまくって個人で連携っぽいことは出来るのだが、Staminaは一人分なので結局大したことは出来ないのね。
さらに酷いのは萎えるくらいの過剰な恒常的なステータス上昇。こういうのが好きな人は好きなんだろうが、真っ先にFadeに行くのと後回しにするので、随分と難易度が変わりそうなものなのだが。Fade後は、ステータスがドーピングされていることが前提の難易度にされるのかなあ。

一旦戻ってJuggernaut装備一式を頑張って回収。戦闘が大分楽になった感じだが、AIに任せてほったらかしにしておくと、やっぱり誰かが死んでいたりする時がある。程良い難易度になってきたかなというところ。

メインクエストを後回しにして、DLCのクエストをやってみる。
本編でも滅多に出ないような強い装備を沢山出すってどうなのよ。と思ったのだが、BG2の特典でも既に似たようなことをしていたのであった。パワーゲーマー向けのセールスポイントが必要なのかなあ。
追加されたクエスト自体は、かなりどうでも良いというか、値段を考えるとイマイチ。Return to Ostagar以外の二つはCollector’s Editionについていたものなので、こんなもんかという感じでもあるが、The Stone Prisonerはなんと1200 BW Pointですってよ。Shaleは個性的なGolemで良い感じではあるのだが、それでもなあ。
まあ、どれもCodexなども追加されるので、Dragon Ageの世界をより深く知ることを目的とした場合には良いのかもしれない。

追加シナリオモジュールのaddonはAwakening以外は買っていないのだが、Ultimate Editionを買うよりも、もう直に全部買った方が良さそうな中途半端な状態なのが微妙だ。情報があまり出てこないあたり、PC版は出るのかどうかすら怪しい気がするのだが。
個人的なUltimate Editionのメリットとしては、恐らく殆どの人が入手していないと思われるDragon Age Journeys、の実績全解除で手に入る3つ目のアイテムが含まれている可能性があるのと(どうでもいいアイテムなんだろうけれど)、アーカイブがToolsetで展開できる可能性があるかもしれない、ということかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。