Vampire: The Masquerade – Bloodlines part.7

Santa Monica

Side Quests

  • Mudd Hunt
    Jumpin’ the Bailで得た情報を元に、DowntownのSkyline Apartments 2Aへ。正面からLockpickingでお邪魔するか、地下からのダクトで忍び込む。
    ここ以外の階層にはitemsが少々あったりするので、ついでに忍び込んでもよい。
    2Aで録音された内容を聞くと、待ち合わせのためにDowntownのwarehouseに行ったらしいことが分かる。簡潔に場所を言いすぎて何処なのかちょっと分かりにくいが、そのままThe Last Roundの方へ道なりに行く。行き止まりまで行って右に道を逸れるとある。
    中に入ると、時既に遅し。居合わせたホームレスから情報を聞き出して、上に登るといくつか情報が手に入って、HollywoodのLuckee Star Motelに手がかりがあるらしいことが分かる。
    Luckee Star Motelの該当の部屋に入ると、これまた寸前で逃してしまうが、ターゲット自体はなんとか到達できたので(死んでいるが)、腑に落ちないまま終了する。

 

  • Carnival of Death
    序盤からHeavenのアパートの床などに落ちてる新聞をチェックすると開始。どうやら猟奇殺人が発生しているようだ。
    海岸から現場に行けるので早めに立ち寄っておく。以降はMudd Huntを進めるまでは進行しなくなる。
    Mudd Huntでwarehouseに行くとどうやら同一犯の仕業らしいので、手がかりを追ってHollywoodのLuckee Star Motelへ。Motelへ行くと寸前で逃げられてしまうが、カードを入手できるのでそこに行ってみる。
    会話で戦闘を回避…というか荷担して犯行を見逃すということも出来るのだが、Humanityが下がる。Evilプレイでもない限り戦闘になるが、流石に結構強めなので準備万端にしていく。倒したら終了。

 

Hollywood

Main Quests

  • Dead Ex
    どう見てもDeus Exのもじり。
    HollywoodでIssacに会うと要するにrespectを得たら協力してやるということで、取引に応じなくなった人物からビデオを回収することに。
    Issacの指示通り待ち合わせ場所の情報をGround Zeroで入手して(Tomeも机の上にある)、目的の人物と会う。
    引き込まれたと思われる下水に入ってみると手遅れのようだ。
    とりあえず、目的の人物が残した言葉をIssacに報告すると、知っているが既に死んでいると言われる。埋葬場所を調べるべく、抜け道から墓地に行って最奥地へ。
    ビデオを回収して報告して、何故か一緒にビデオを見ることに。
    尋常でない内容の映像だが、唐突に始まるあたりどうも最初の部分が含まれていないようだ。
    完全な内容ならば何か手がかりがありそうだということでそれを探すことになる。

    ちなみに、Ground Zeroに向かう最中に主人公の生前に知人だったと思われる女性が出てくる。生前は相当な状態だったらしくえらく心配してくれるが、心を鬼にして知らぬ存ぜぬで別人だと突っぱねるとMasquerade Redemption。曖昧にしたり、肯定すると友人達に報告しようと近くの公衆電話を使おうとする。そのまま使われるとMasquerade Violationになるが、それでも無事を伝えたい人はそれで。公衆電話にたどり着く前になんらかの動きを止める手段を使っても一応阻止は出来る。ご自由に。

 

  • Snuff is Enough
    アングラなビデオだからアングラなビデオを扱っている場所で手がかりがあるだろうということでSin Binへ。Issacは明示的な場所は言わないが、コンビニの店員なんぞに心当たりを聞いてみると知っていそうな人物を教えてくれる。
    適当な話術系featsで聞き出すか、端末からビデオで見た名前の情報を引き出す。端末のpasswardはおっさんの横に落ちている。
    コンビニの公衆電話で丁度鳴っている電話があるのでそれを取って合言葉を答えてLuckee Star Motelへ。さらにkeycardを拾ってkeycardが使える場所へ。
    戦闘になるが、スピードのある素手でそれなりのBrawlがあれば苦戦はしないはず。進めるだけ進んでビデオを回収して報告する。
    例によってビデオを再び見ることになるが、今度は最初の部分もちゃんとある。Issacは見覚えのある場所らしく、同時にNosferatu失踪に関連していると判断。IssacのHollywoodの治安維持と、主人公のNosferatu捜索で目的が一致するので、そこに向かうことになる。

 

Side Quests

  • Hunters Hunting
    Dead Ex後にIssacからAshに関する話が聞けるが、特に話を聞いて無くてもAsp Holeの2階にいるAshと話していれば発生する。Hunterに狙われていて、出るに出られなくなったのでなんとかする。
    協力して下水を戦闘で突破するやり方だと報酬も経験値も多い。Hunterとはいえ所詮は人間なので苦戦はしないはず。
    1階にいるAshのそっくりさんと服を入れ替えて貰うように説得するやり方だと直ぐに解決できるが報酬と経験値は少なくなる。恐らく無関係な人間を巻き込むためだろう。

 

  • A Dish Best Served Cold
    Dead Ex終了後あたりにPrinceからメールが届いていて発生する。料理屋の評判を下げてこいという、Princeの意図がよく分からん内容。
    とにかく適当な話術系featsで印象を悪くすれば成功して完了。

 

  • Gargoyle Removal Service
    Dead Ex後にIssacになんか無いかと訪ねると発生。Asian Theaterに住み着いているGargoyleをなんとかしてくれとのこと。
    DowntownのTremereの偉い人であるMaximillian Straussに会って助言を聞くと良いのではとのことなのでまずはそちらへ。
    Straussに話を聞いても良いが書斎に置いてある本からも情報を入手できる。要するにBludgeonでないと有効なダメージを与えられないということなのだが、主人公のClanがTremereの場合だとさらに対Gargoyleのアイテムをくれたり、隠している真実も打ち明けてくれる。

    Theaterに行ってまずはGargoyleと会話になるが、Persuasionが6以上あれば戦闘を回避可能。他の話術系featsは未確認。
    ただし、特殊な選択肢であるハイライトは特に出ず、それこそFalloutやArcanumを彷彿とさせる複数の選択肢をひたすら選び続ける方式なのでかなり面倒。一応間違った選択肢は1回までは許容してくれる。Tremereで事前にStraussから聞き出せるTremereとCamalliraが嫌いで、Master/Servantの関係も嫌いであるということがヒントになるだろう。
    戦闘になると多分相当強いはずだが倒すか、説得したらIssacに報告して一応は完了。
    さらにGargoyleに関する極秘情報をStraussから(Gargoyleからも会話次第では聞き出せるのか?)掴んでいた場合は、Issacにこれを垂れ込むことができて、追加の経験値を貰える。が、当然ながらStraussとの関係は悪化してStraussのchantryに鍵がかかって入れなくなる。
    Straussに報告しにいくとお金が貰える。さらに主人公のClanがTremereの場合、chantryの2階にある豪華な一室をHeavenとして使えるようになり、Occult Itemsも2つほど手に入る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。