Vampire: The Masquerade – Bloodlines part.5

BioWare Bazaar。
北米限定とか糞japにどうしろと。
web媒体を利用した全世界のマニア層に対するマーケティングなはずなのに、社内整理で出てきた残り物という物理的なPrizesの所為でwebを使うメリットが無いな。情報コンテンツが景品ならこんなことにはならなかったのに。
とはいえBazaar自体は注目集めに過ぎないはずなので、終了後になんらかのAnnouncementsがあるのではないかと妄想してみる。
というかBG3はまだなんですかね。

閑話休題。

どうでもいいけど、一部の女性PCと多くの女性NPCは乳揺れする。ひらひらと動くスカートは物理挙動の設定が甘いので、しばしばパンツ丸出しになる。肩くらいまでの長さが出てくる髪もひらひらと動くけれど、頭上にアイコンが出ると半透明が交差して表示が破綻したり。
乳揺れなんですかそれ、髪はヘルメットでロングヘアー一切無し、スカートは無いかあってもアニメーションにあわせてウェイト付けで動くだけという洋ゲーの中では快挙だと思うんだけれど、どうですかねV:tM-Bloodlines。
粗っぽくても前向きに評価したい。かの大人向けThe Witcherも乳揺れだけだし。

今のところは普通にDamselとVelvetがお気に入りです。Jeanetteもね。しかし、”Armee Troika”て。

Downtown

Main Quests

  • Patron of the Ancient Arts
    Sarcophagusは博物館に運ばれてしまったので、それをthe Camarillaの元で保護するという名目の元、Sarcophagusを盗みに行くことに。ただし、誰も殺すなという条件付き。見つかって逃げながらよりも見つからないでやる方が楽だが、それでも難易度高めだと思う。

    入ってすぐのメモ書きにそって鍵を取ったら内部へ。警備員の流れに合わせて移動して下に降りて行く。ちなみにプテラノドンの模型か剥製にジャンプして飛び乗ると$100が置かれている。
    入り口付近の角の扉からトイレを経由してダクトに入る。ダクトから出てると警備員が監視カメラの映像を見ているが、側に鍵があるので回収して背後を通り抜ける。
    反対側の入り口付近の角の方の扉から、2つの鍵のかかった扉を開けて地下へ。

    監視カメラと警備員の巡回をかいくぐってpasscodeを探す。passcode手に入れるにはメモ書きを読むか、鍵がある部屋の端末を調べると分かる。
    地下に降りてすぐの監視カメラがある部屋にはTomeがあるが、Tranceのような相手を一時的に無力化するようなDisciplinesが無いとかなりシビアか。
    他にも地下にはガラス貼りで進入できない部屋があって、ここにはOccultish Personalityで要求されているOccult Itemがある。ガラスを何発か銃で撃つと割れて入れるようになるので、入って回収する。銃声を聞きつけた警備員が警戒して近くをウロウロするかもしれないがなんとかやり過ごす。

    passcodeの部屋に入るとそのまま道なりに。途中ガラス越しにこっちを見ている警備員がいるのでSneakingで通り抜ける。
    これを抜けるとNOLFのような赤外線センサーの張り巡らされた通路に出るが、なるべく警備員の注意をひかないように手近にある配電盤を殴ってセンサーを鈍らせる。センサーの点滅をぬって警備員が警戒してやってくる前に通過すると、ようやくSarcophagusのある部屋へ。

    だが、Sarcophagusは既に無く、誰かに盗まれてしまったようだ。Beckettも調査に来ていたようなので、彼から適当に話を聞き出すと博物館は終わり。Princeに報告して終了。誰も殺していないと取得経験値が増える模様。

 

  • The Epic of the Ankaran Sarcophagus
    当然ながらPrinceは大怒り。NinesにはこれからDr. Grout殺しの罪でBlood Huntが発動されるようだ。
    Princeには盗まれたことに思い当たる節があって、船からSarcophagusの輸送先を調べさせたり、主人公が博物館に入れるように手配したりしたNosferatu PrimogenのGaryに違いないだろということのこと。彼のいるHollywoodに行ってSarcophagusをなんとしても取り返してこい、取り返すまで帰ってくるなと。
    Hollywoodを取り仕切っているのはthe AnarchのIssacなのでまずは彼の元へ。以降はquest logは更新されていくが、別のMain Questと並行して進行するので当分は解決されない。

 

Side Quests

  • Necromantic
    一応、Skyline Apartmentsのとある階の端末から事前に情報を仕入れることは出来るのだが、後で見ることを想定されているのかquest logは更新されない。
    高架下のフェンス越しの扉から廃墟の病院に入ると発生。
    怖いもの知らずというか無謀な人間に呆れつつ奥へ。最深部のPishaに会って話を聞いて、部屋にあるダクトから入り口付近に戻ると、カードが落ちているので見る。カードで生存者の居場所が分かるのでそこへ。
    Tomeもあるが、Photoも忘れず回収。秘密を知ってしまった生存者と話すのだが、うまく会話を進めると仲間は無事で怖がらせるためのジョークだったってよ、と嘘をついて再度病院に自発的に向かわせることが出来る。Masquerade Redemption達成。
    Pishaに報告して完了。Occultish Personalityへ。
    ちなみにダクトの近道を使ってPishaに会う場合はSneak状態でないと降りることが出来ないので注意。

 

  • Occultish Personality
    Necromanticからの続き。二つのOcclt Itemsを取ってくるのだが、Main Questで一度しか行けない場所にあったりするので早めに発生させておきたい。
    一つはMain QuestのPatron of the Ancient Artsで博物館地下のガラスで封鎖された部屋にある。銃でガラスを何発か撃って飛び込むと入れる。
    もう一つは当分後のChinatownに入ってから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。