Divinity 2: Ego Draconis part.1

バックオーダー+配送遅延で延々と待たされていたが、やっとこさDivinity 2が届いた。

Dialogueが勝手に流れていかない形式なので時間をかけさえすればなんとかなるはずなのだが、Arcanum以来の久しぶりの英語かつBritish Englishなので中々頭に入ってこない。来年に出る予定のUS版だと、Englishも変更されるかもしれない。
会話のウインドウにスクロールバーが右についているのに、Infinity Engineのようにログを会話中に参照できないのはちょっと謎。

いきなり最初で銀色の瞳になるので、ゲーム開始前のキャラメイクでイメージが掴めねーと思っていたら、整形屋さんが用意されていて笑った。
Mindreadingもいきなり取得するが使いどころがまだよく分からん。経験値を消費するのでおいそれと使えないし。
成長させる系統は3種類から最初に選ぶことに。Meleeだと終盤詰むらしいので、とりあえず弓かメイジで。これもクエストを進めない限りは選び直せるので、整形と同様にリロードをしなくて良いような作りにされている。以降の成長は割と自由に割り振れる雰囲気なので、最初の選択が全てというわけでもないのかな。

些細なことでやり直さなくても良い丁寧な部分で好印象をうけるのだが、Mindreadingだけがとりあえずreadingして、有用な情報でないならやり直すというリロード推奨な作りになっているのが謎だ。設定する側は大変だが、readして得た情報の質によって消費量が違うとかなら良かったのかな?

(追記)試してみたら、消費量は可変でした。が、高い消費のreadingは有用な傾向はあっても必ずしも有用とは限らないので結局試行が必要な感じ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。