Arcanum: Of Steamworks & Magick Obscura part.6

本を頼りにDark Elfの集落のT’sen-Angへ。ここでも相当最初の頃のアイテムが必要になる。段々と真相に迫ってきている感じか。

ArcanumのDark ElfはD&DのDrowのようにアライメントはEvilなのだが青黒い漆黒の肌でも無く、ありふれたファンタジーでの褐色の肌というわけでもない。少しだけ浅黒いことは浅黒いのだが、外見はElfとあまり変わりない。
Elfとの明確な違いはゲーム中に語られるのだが、そんなDark ElfとDark Elfとして生まれた自分に思うところのあるZ’an Al’urinが、前向きに話し合うと仲間になってくれることに。説得マスターなのでEvilでも仲間にできるようになってる。名前だけだと分かりにくいが女性です。
Evil寄りなのでドリッズトのような…まではいかないが、ヴィコニアに近いのかも。異分子は常に生まれ出てくるのか。しかもZ’an Al’urinのポートレートとキャラクターのグラフィックは肌の色も外見もまったく普通のElfと同じだ。仲間になるキャラクターのポートレートは主人公のポートレートとは別のユニークなものなので、Dark Elf用のポートレートを描くのが面倒だったとかそういうわけではないと思う。
声も可愛らしいし(そこは関係ないけど)、考え方も一般的なDark Elfとは異なるので、種族って何だ?と考えさせられるNPCです。

T’sen-Angで探していた人物を見つけて話を聞きだして、ようやくBMCの居場所が判明する。帰ろうかと思ったら、長らく追われていた刺客集団の結構偉い人がやってきて会話。正直にかつ知っていることを話すと何やら納得して帰ってくれましたが、多分これはJoachimからのいくつかある情報を得ていないと駄目なのかな。

T’sen-Angから出たら今度はVirgilが話してきて離脱。Virgilがいるときは調べることに抵抗があったのだが、居なくなったので以前にCaladonで得た名前をTarantで調べる。この辺は超絶ネタバレになるので自重。Virgilが隠していた暗い過去を打ち明けて、再び仲間に。

RavenにT’sen-Angで得た情報を報告しに行く。Z’an Al’urinはElfと因縁のあるDark Elfなので、当然ながらQintarraには入れないので外で待たせておく。女王にも一応話しにいくが、Ravenも意味が分からんと言うくらいに相変わらず何を言ってるのかわからん。で、ようやくRavenが仲間として協力してくれることに。喋りが棒読みっぽい(Elfは長寿なので達観していて物事に動じないとも解釈出来るが)のは置いといて、声質もそうだがポートレートもZ’an Al’urinと比較してなにやらお姉さんっぽい。

ここで既に仲間に出来る人数の上限の6人を超えたので、Danteを外して待機中のZ’an Al’urinを入れてみる。Ravenが反対してElfの私かDark Elfの彼女かどちらかにして欲しいと言うが、説得して二人とも連れて行く。さすが説得マスター。Z’an Al’urinの方はこの問答の後にYes?と聞き返してくるだけで、Ravenがいてもいなくてもどっちでもいいというスタンスなのはちょっと面白い。それ用の会話が無いのかもしれないが。

さらにPerrimanを外してWheel ClanのLoghaireにBMCの顛末を報告しに行く。Loghaireは歓迎してくれるがDark ElfのZ’an Al’urinに気がついた途端、はかってくれた喃と豹変する。ArcanumでもDwarfとElfの仲は悪い。Dark Elfは尚更なわけで、予想はしていたのだがここまでとは。
Loghaireも説得しないと駄目なのかなと思っていたら、なんとZ’an Al’urinが名乗り出てLoghaireと話し始めた。そしてZ’an Al’urinが種族と個人に対する鋭い指摘をしてLoghaireを説き伏せてしまった。さすがINT18。ちなみにZ’an Al’urinが200歳、Ravenが277歳、Loghaireは598歳だったりする。がんばれZ’an Al’urin。
ということで、BMCを助けに行く責任があるということでLoghaireも仲間に。

LoghaireはElfのRavenとも仲はあまりよくないはずだが、BMC関連で誤解も解けてLoghaireは申し訳ないと思っていたりするのだろうか、特に言い争いは無かった。

で、種族間での因縁を持つ3つの種族が一つのグループとして共にするようになったわけだが、種族間の偏見や差別を超えたようでなんだか感慨深い。表面だけで実際は険悪な空気になるかもという懸念もあるけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。