Baldur’s Gate 2 part.6

ヴィコニアさんが兄との決別を語った直後にエドウィンが性転換。面白いが空気嫁。

値段は高いが特典アイテムのシールド・オブ・バルダランの性能(ビホルダーレイの反射)がチート過ぎる。あのビホルダーが何もしなくても死ぬ。普通に戦うと防御スペルが切れる度に休憩しないとまずそう。デスブロック程度の性能でも十分だったんじゃあないかなあ。それだとビホルダーレイ以外のデス効果も無効化されてしまうが、精々デスワードの節約になる程度だし、ディスペル対策にもなる。

ケルドーンはコテコテのLGでキャラ的には気に入ったのだが、いかんせんSTRとDEXがイマイチなので、ベルトと籠手が手に入ったあたりで入れるといいのだろうか。ということでこれらが手に入ってエアリーはまだ必要なのでミンスク外して入れてみたら専用鎧がフリーアクション付きなので強い。だが加入をちょっと遅らせたのでレベル12でクロスボウ習熟が2なのが残念。初期の配分はわからんのだが、クロスボウが入ってないなら速攻でレベル8あたりで仲間にして、固有クエスト起こしてしばらく放置がいいのかも。クロスボウを既に取られていたとしてもスタイル習熟が1つも無いので早めに仲間にして両手剣スタイルに振るのが良い感じか。籠手が手に入るまでは柔いので盾持たせるとかで頑張らないと駄目だが。

ケルドーンさんのイビル面子との喧嘩はまだ起きてない。エドウィンがLEなのは納得いくが、ヴィコニアがNEなのがやっぱり気になるなあ。ロマンスでドロウらしい冷酷な面も見せつけられるのだが、それでも彼女の過去を聞くとCNあたりが今は妥当なんじゃないかな。

さて、主人公がレベル13になったので強敵討伐。メンバーはヨシモ(戦力外)以外11,12あたり。基本フルbuffで。どいつも大体フィアー系を使ってくるのでレジスト・フィアーは必須か。後はプロテクション・フロム・イビルとカオティック・コマンドとTHAC0とSTボーナスがつくようなのを。

  • ゲート宿屋のリッチ。タイム・ストップ後に即逃げ休憩で呪文詠唱すらさせずに袋叩き。
  • エレメンタルリッチ。デスワードとプロテクション・フロム・マジックエナジーを重要メンバーにかけてブリーチしてボコボコ。リッチの周りに出る火との消耗戦なのでレジスト手段が欲しい。もっとも火で死ぬくらい長引いてるようでは、火が無くても勝つのは厳しいだろうけど。
  • シェードリッチ。同上。だったのだが、コンティンジェンシーが何故か2回も発動して計3回の完全防御状態になってブリーチ足りなくなって詰んだ。もたもたしてるうちにコンティンジェンシーの詠唱してたのか?やり直して倒す。
  • レッドドラゴン。プロテクション・フロム・ファイアを重要メンバーにかける。あとはケルドーンに各種ドラゴン装備を。うまく位置取りしないと吹っ飛ばされた時に壁に沿って滑って角まで飛ばされるので大幅に時間をロスしてしまう。主人公がリムーブ・マジックでプロテクション・フロム・ファイア消されて焦ったが、直後に吹っ飛ばされてドラゴンブレスはケルドーンの方へ。いかに早くマジックレジスタンスを破ってリムーブ・マジックでヘイストを打ち消せるか次第なのかなあ。コンティンジェンシーは何故か発動しなかったような気が。カーソミアーをゲット。

後のはまだ無理そうかなあ。というかスペルとアイテムの名前もカタカナだと・で切らないと節が分かりにくいし、そもそも読みにくいし文字数多いよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。