Divinity: Original Sin part 2

この犬…

DOS-Murphy.jpg

メインクエストに絡んでくる可能性がある、誰の目にも留まる犬なのだが、私がBacker Rewardで名付けた犬の名前と同じだ。垂れ耳でブラウンの犬と、指定した外観(レッドブラウンのダックスフントが望ましいが、無理そうなら似たようなので)も概ね一致している。

Divinity: Original Sin Kickstarter project page
Name a Pet
As Source users, the heroes of Divinity: Original sin can talk to animals, and there are several quests that involve the help of man’s best friends. In your version of the game, using a unique personalized unlock code, one animal will carry the name of your choosing! We can customize the animal’s visuals to a certain extent, and we will accommodate if possible.

one animal will carry the name of your choosing! のone animalというのが、最初の方のtalkable animals are several questsを指しているのか、直前のunlock a unique personalized oneを指しているのかどうもよく分からん。
発売されるまでは後者で解釈していて、後日実際にpetを呼び出すskillは入手でき、それを使うと事前に選択したモデルの犬(垂れ耳ブラウンのね)が出てくるのだが、名前は”Dog”という普通名詞になっていて、pet pal skillで会話することも出来ない。また、backer情報を管理しているのあるLarian Vaultでは、Name a Personal Petとなっていて、これまた後者のような解釈だと思うのだが。
このName a Petの対象者は400人ほどいるので、仮に前者の解釈として全員が漏れなく記入していたとすると、400匹ものnamed animalsが出てくることになるのだが、本当にこのゲームにそれだけの数の動物が出てくるのかどうか疑わしいところである(実際結構な数の動物が出てくるが)。
偶然の一致なのかどうか分かるように、日本語的な名前にしておけば分かりやすかったか。

ちなみに、私の名前を冠したUndeadがどこかにいるらしいのと、どこかの樹に私のメッセージが彫られているらしいので、探してみて下さい。私はまだいずれも見つけていないので、何処にいたか/あったか教えてくれると有り難いです(コメント欄は、このMT5が壊れ気味なので書けないのですが)。

Divinity: Original Sin part 1

“新鮮に肥やされた通気の良い土壌のようだ。誰かが丹念にこの墓の面倒を見ていることは明らかだ。あなたは本当にお構いなく掘るつもりですか?”

DOS-Conflict0.jpg

Roderick “俺達とこのショベルはそうしたいと言っている”

 

DOS-Conflict1.jpg

Scarlett “絶対に止めるべきだね!敬意を払って立ち去るんだ”

 

DOS-Conflict2.jpg

Roderick “あのなあ!ワクワクするような不思議なものが待ってるはずだぜ(Charm)”

 

DOS-Conflict3.jpg

Scarlett “良いものが埋められていると信ずる根拠が無いさ。厄介事を掘り起こさなくてもいいだろう?(Reason)”

 

DOS-Conflict4.jpg

お互いに譲らず埒があかないので、ジャンケンで決めることに。先に10ポイント獲得した方が勝ちだが、1回勝つことによって得られるポイントはそのキャラクターのCharismaで決まる。

このゲームでは何かの選択に迫られたときに、二人のキャラクター同士で意見を主張し合う(argument)のだが、食い違っている方がより面白くなる。一人でやるとしばしば「掘り起こそうぜ!」「いいね!」になってしまいがちで、選択もそこで終わってスムーズに物事が進んでいってしまう。自分一人でプレイしている場合は、事前に二人のキャラクターの性格付けをしてroleしないと食い違った選択をすることは難しいだろう。
そこで、このゲームではネットワークによるDrop-In Drop-OutのCoopが売りの一つにもなっている。二人だとプレイヤーの意見の相違がゲーム上で反映されることになるし、テキストチャットもサポートされているのでそこで盤外戦も行えるだろう。

こうした選択に迫られたりすると、選択肢によってキャラクターのTraitsのいずれかの値が変化するのだが、これによりそのキャラクターの性格付けが行われていき、その値も他のstatsに影響を及ぼす。

 

DOS-Conflict5.jpg

公正なるジャンケンで勝った方の意見が尊重されて次に進む。ちなみに一人でやるジャンケンは、最初の主張した方の操作をすることになり、対立側は自動である。

 

“掘り起こす準備ができ、あなたは今一度足下の土を見つめる”

DOS-Conflict6.jpg

Roderick “よし。お待ちかねの時間だ”

 

DOS-Conflict7.jpg

Scarlett “良いものが見つかることを期待しましょ”

 

DOS-Conflict8.jpg

どうでもいいけれど、このゲームの家畜は丸々としていて可愛らしいですね。

続きを読む →

Divinity: Dragon Commander part.2

内政フェーズでの意志決定は、プレイヤーの価値観で決めていきたいところではあるのだが、絶対的に良い解というのが用意されておらず、多かれ少なかれ利益と不利益を被る。Generalや支持率、その他諸々(収入とか入手カードとか)にも影響を与えるので、それらを天秤にかけていくのがなかなか悩ましい。
選んだ結果は、大抵次のターンの新聞で世間の反応としてそれとなく窺い知れる。

 

Single Playerでは1対1の戦争に勝利してからが本番で、以前まで取り合っていた領土は一つになり、ワールドマップが拡大して多人数戦になる。
この時、ワールドマップ上に存在する兵科は持ち越しできず、規定数にされるが、その他の要素は引き継がれるため、1対1で楽な間になるべく稼ぎまくっておいた方が得のようである。ひたすら粘り続けていると、新聞とかでもはよしろと言われてペナルティが付く可能性があるが、ちょっとやそっとではペナルティは発生しないようだし、多人数戦時の敵勢力も少なくとも見かけ上は強さは変わっていない模様。所持金とかの内部パラメータは不明であるが…うーむ、いいのか?

それと同時に、結婚することになる。嫁候補は全部で4種族。そこに人間は居ない。
お付きのWizard(Divinityシリーズに出てくるいつものあの人ではない)に人間は居ないの?と聞くことも出来るが、プレイヤーは訳ありでなったEmperorなので政治的な都合である。
Scarlettでも良いじゃないかと思うかもしれないが、彼女は諸般の事情で無理であることがゲーム内でも明かされる。

 

DragonCommander-Lohannah.jpg

Elf Princess Lohannah
恋に恋するお姫様。ゲーム内でも美人だとある人が言うが、人間からすると年増とかいうレベルどころではないらしい。
何故か肩紐の部分が体のモデルと一体化しておらず、物理演算対象になっている。そのため、動くと必ずといっていいほどずり落ちる。ポロリしそうでドキドキするのだが、残念ながら胸部は物理演算対象になっていないように見える。Official Websiteのイメージでもずり落ちているのでバグではなく、フェティシズムに明るいアーティストの所業だろう。

 

DragonCommander-Camilla.jpg

Lizard Princess Camilla
Avatar…ではなくて、トカゲ。
結構キツイというか、歯に衣着せぬ物言い。王女として頼もしくもあるし、Mな人にはたまらないかもしれない。

 

DragonCommander-Aida.jpg

Aida
眼鏡巨乳Dwarf。ただしロリという接頭辞は付かない(関係ないけれど、あの手の男性とかけ離れたビジュアルはどうかと思う)。
なんだか典型的なDwarfな性格っぽいので、いいおかんになりそうではある。
Official Websiteを見ても何故か彼女だけPrincessという肩書きは付かないのが気になるのだが、CouncillorのSir Falstaff SilverveinがSirだからだろうか。

 

DragonCommander-Ophelia.jpg

Undead Princess Ophelia
色物枠!
なのだが、なんだか奥ゆかしくて可愛らしい。一癖も二癖もあるLarian Studiosのデザイナーの愛を一身に受けていそうである。
愛が試されるが、昨今ではネクロニカなどもあるので、今時の日本人にとっては余裕だろう。
実はOfficial WebsiteやThe Imperial Edition、GOG.comの特典でネタバレされているのだが…

また、ゲーム中でも理由は明らかにされるがImp Princessは候補としていない。コンセプトアートにはいかにもなものがあるあたり、可能性はあったようだが。

さて、私が誰を選んだのかというと…

続きを読む →

Divinity: Dragon Commander part.1

いつものRPGではないということでそれほど期待していたわけではなかったのだが、Divinity: Original Sinにbackしていたら貰えたので。

色々な要素が入り交じったルールが複雑なゲームなのだが、チュートリアル要素が大分不足しているので取っ掛かりは良くない。
説明もユニットやカードなどの単位でこれはどういうものだというミクロ説明は十分なされてはいるのだが、RTSやストラテジーなどのフェーズで、何がゴールだからどのような振る舞いをしていくべきかというマクロな説明が無い。tipsとしてこのフェーズは何かということを一文ほどで簡潔に伝えてはくれるが、この手のジャンルのゲームに精通していないと、「じゃあ結局のところ、何をするべきなの?」という疑問を持ってしまう。

さて、RTSは嫌いではないのだが、面白さよりも忙しさの方が勝ってしまい、どうにも好きになれないので一番簡単な難易度でやっている。でないと説明不足もあって一般的なRTSに親しんでいる人でないとNormalは難しいと思う。

まずはプレイヤーキャラクター作成というか、ドラゴン選択。
Divinityシリーズ恒例といって良いのかどうかは分からないが、各ドラゴンは初期スキルが異なるだけで、後から獲得していくスキルは共通で自由に選べるようになっている。最初に自分が使ってみたいスキルがあるとちょっと得なくらいなので、見た目で選んでしまっても良いと思う。

大雑把なゲームの流れはこんな感じ。名称は勝手につけたもの。

  • 内政フェーズ

拠点となる飛行船内で行われる。側近や将官(Generals)、各種族の代表(Councillors)と話したり意志決定をしたりする。
政策のyes/noで各種族の支持率が大体上がったり下がったりするが、他にも上下する要因はある模様。支持率は、各種族が支配しているらしい土地での人口リソースが変動するのだろうか?色々と曖昧である。
兵科の開発やアップグレード、自身(ドラゴン)のスキルの獲得やアップグレードもここで行う。

DCApp-Scarlett.jpg

将官の一人、Scarlett。小生意気で可愛いと思うのだが…今のところ将官は皆出番が無い。

下のワールドストラテジーフェーズと往復可能。

  • ストラテジーフェーズ

ワールドマップ上で行われる。
領土は適当な大きさに切り分けられており、兵科を移動させることができる。ここではひとまずどこに移動させる予定か決めるだけ。
各領土では様々な恩恵のある建物を一つ建造出来、本拠地や工場の場合は兵科を製造することができる。使用可能なカードを使用して一時的に優位な状況に立つことも出来る。

上の内政フェーズと往復可能。

  • タクティクスフェーズ(RTS)

ターンエンド後に、自国と敵対国がワールドストラテジーフェーズで決定した行動を実際に行う。
進軍して敵対国の兵科が存在しなかった場合、そこは即時占拠される。そうではなかった場合はRTSに移行する。このとき場に存在していた兵科は、RTSでの初期兵数や兵科に影響する。

開始前に指揮官(将官)と使用するカードを選ぶ。
自分以外の指揮官を場に出す場合は金がかかるし、自分はドラゴンとなって出撃できるので、多くの場合は自分が出撃することになると思う。もしかしたら指揮者は1ターンにつき一度しか出られず、複数の場所で戦闘が発生した場合は、別の指揮官を雇わなくてはならないのかもしれない。
面倒臭いなら自動解決も可能だが、ストラテジーフェーズで配置した戦力差がそのまま勝敗に繋がる。

開始前のloading screenで操作方法が出るのだが、一度に全ての操作方法が出るわけではなく、戦闘の度に2種類の画面が変わる。なので、事前にオプションに目を通しておかないと初陣は操作方法が分からないということになってしまう。
特にドラゴン最中の兵科の指揮方法などは知らないと、罰ゲームの様相になってしまう。しかも肝心のドラゴン最中の兵科の指揮方法は初陣のloading screenには出ず、2戦目に出るようになっている。罠だと思う。

DCApp-Control.jpg

RTS中はtipsが出てこないのだが、最初の方は画面の左端にアイコンが幾つか出てくるので、これをクリックすると操作に関するムービーが必要最低限な分だけ見られる。
RTSの勝利条件はイマイチ具体的によく分からないが、コンクエストのように兎に角相手を殺しまくって領地を占拠すればよい。生産要素は無いに等しいので、兵科の製造とコントロールに終始する。

売り(?)のドラゴンだと無双できるのかというとそうでもなく、対空砲で撃たれまくるとあっさり墜ちたりする。それでも難易度が低いと、「私自らが出る!」といった具合に先陣を切っていけるのだが、難易度が高いとダメージが痛すぎて出る幕が無い感じ。序盤のスキルが数少ないうちだけがそうなのかもしれないが、高難易度になるにつれて兵科のサポートに徹しないと辛そうではある。

The End of Divine Divinity

まさに神剣。

DivineDivinity-SoG.jpg

結局Swordは一切ドロップされなかったので、他の武器に特化した方が良かったのかと思ったが、良いランクのものが確実に手に入る機会が何度か用意されているようなので一番いいのかも。攻撃速度も申し分無いし。

相手の隣にワープして斬りつける格好いいFlash Attackが、level 48からスタミナ消費無しのノーコストで使えるようになるのだが、これを使いまくって画面中の敵を一発ずつ斬りつけまくって、片っ端らからフリーズさせていって圧倒的じゃないかという悦に浸るプレイ。
そんなことしなくても1,2回の攻撃で敵は死ぬし、数が多い場合は回転切りとHell Spikesで一掃できるし、アーマーが十分に高いので敵の物理攻撃は滅多に食らわないし、属性攻撃は全ての属性に100%以上のレジスト値があるのでノーダメージなわけで…強くなりすぎた。

どのボスも視界に入った瞬間にFlash Attackで氷漬けになってそのまま死ぬので、その辺の雑魚と変わらん。せめてフリーズ耐性つけようよ…
前に評議員集めで妨害工作を阻止する際に対峙した時はどのボスも結構苦戦したのだが、まあ一応Divine Oneとなった恩恵か?いや、金色の珠のおかげだろう。あれを駆使しないと大変なのかと思いきや、過剰なくらい便利すぎる。
Freeze、Hell Spikes、Death Scorpionあたりはバランスブレイカーだが、全部禁止だとそれはそれで結構厳しいんだろうなあ。

城に入るあたりまでは確かに面白かったのだが、それ以降はやはり刺激に欠ける感じ。そのあたりで放置してしまったのは間違ってなかった気がする。

ちなみにgog.comでのThe Witcher 2の予約特典でBeyond Divinityを貰う予定…他の候補は持っているやつばかりなので。