Graveyard Keeper


35時間かけてエンディングまでプレイしたが、なかなかしんどいゲームだった。

プレイする前までは、墓場のマネージメントが主なのかと思っていたが、むしろ墓場は添え物で町の開拓が主で牧場物語的だった。牧場物語といえば、最近のは一切知らないが、大昔にやった記憶だと同じ作業の繰り返しで飽きて止めたのだが(農業って大変だ)、このゲームもまさしくそれだ。黎明期のアジア圏のMMOにも近いかもしれない際限のないチマチマとした生産作業が続く。
ゲームの進行はQuest GiverのNPCとのやりとりによるのだが、こいつらはゲーム内時間の1週間のうちの1日しか出てこないので、その1日を逃すと1週間後に持ち越しだし、Questの進行は連続して出来なくて1週間に一つずつという無用な間が最後まで続く。

ゲームの途中で、ゾンビにある程度の作業を肩代わりさせることができるのだが、これがないと到底無理だったろう。そして恐ろしいことに、このゾンビはパッチ1.3で追加されるまで無かったというのだから、それまではどんな悍ましいゲームだったんだろうかと考えさせられる。ゾンビは本来DLCだったのを無料で本編に追加したそうだから、そこは英断だっただろう。
ゾンビに作業を肩代わりさせられる、といっても限定的で、ゾンビは出来ないことも多いので、PCはその出来ないことをやるためにひたすら忙殺させられる。ベルトコンベアのないFactorioが近いだろう。

また、全体的に説明が不足していて、テクノロジーツリーも前提条件順に並んでいなかったりして不親切な部分がかなり多い。
あるアイテムを作るのにどこで何をやったら作れるのか分かりにくくて、あるテクノロジーを取得して、それをとある場所で使用して設備を作って、その設備を利用して作る必要があるのか…を知るのが説明不足のため途方にくれる。そして、誤った順番でテクノロジーを取ってしまうと、そのテクノロジーで必要なアイテムは別のテクノロジーが無いと作れなくてしばらくポイントの無駄になるなんてことも簡単に起こるようになっている。最序盤にこれが起こってしまうと割と致命的で、ただただ時間を浪費している間に死体はどんどん墓地を占領していく。そしてゲームデザインを理解していない序盤ほどこれに陥ってしまう。

自力で試行錯誤して見つけ出そうとするとあらゆる要素がとんでもない労力を要するので、攻略ガイドを見ながらやった方が良いだろう。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。