The Incredible Adventures of Van Helsing 2 #1

H&S全般に言えることだが、アイテムをやりくりして自身を強くしていくいわゆるItemizationが複雑すぎる。これはエンドコンテンツで必要になってくるのだが、普通にCampaignをやっている最中にもジェムやらエンチャントやらルーンやらフォージやらギャンブルやら山のように出てくるのはプレイヤーを混乱に陥れる効果しかないだろう
エンドコンテンツ以外でこの辺に手をつけても、レベルや装備がすぐに上がっていってあっという間に無駄になるだけだ。極一握りの廃人向けコンテンツのために、大多数 のプレイヤーを苦しめるのは辞めろと言いたい。この手の廃人向けコンテンツは、Campaignクリア後で、Level Cap後にようやく出てくるくらいでいいだろう。
おまけにこのシリーズの2では、Tower defenseに、Mission ManagementやらPetもあるので、H&Sに専念させまいよう入念に邪魔をしてくる。余計なデザインを入れるな。

ス キルツリーは前作で不満が出たのかどうかは知らないが、全く関係のないスキル依存関係はかなり減っている。前作からキャラクターをインポートできて、おまけにレベルそのまま(前作のレベルキャップは30)、2のレベルキャップが60、金さえあればrespecできるので、最初の方から色々なスキルを取得し てみてビルドを試してみることが出来るだろう。
このゲームではRageというリソースを消費して1回強い攻撃を使えるデザインが特徴的なのだが、Rageを最大状態までキープしておくと Critical damage +200%みたいな頭のおかしいSkillがあるので、それをベースにしてRageを一切使わない本末転倒なビルドが強い気がする。で、力不足なIce Shardsの代わりに新しく入ったRay of Frostと続投のBlizzardで、相変わらず敵が蒸発しかしない。

ラストバトルは、ラスボスを蒸発させたくなかったのか、ひたすら雑魚掃除をしているだけで終わり、尻切れトンボなストーリーで3に続く。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。