Legend of Grimrock 2 part 2

やっとこさTrue Endingまでクリア。カタルシスとかよりもただひたすらに疲労感の残るゲームだった。
何度かやり直してグループやスキルを組み直してやっていたので、大苦戦というようなのは既に無かったのだが、それでも大変なところは大変だった。前作よりもあらゆるところで難易度が上昇しており、ともすれば理不尽だとか不条理だとか感じるところが多い。初見のよく分かっていない状態で組んだグループだと、もっと苦痛で平気で詰むゲームだなと傍目に思う箇所が多かった。

そんな感じで、最初のパーティグループ編成の段階で分かるわけねーだろということを平気で要求され、下手すると完全なお荷物キャラが出来上がるので、少し書き留めておこうと思う。

  • レベル10から13あたりまでに完成するビルドを意識する必要がある。
    意図的にレベリングはしなかったが、割とみっちり敵を潰しまくってレベル14だった。後半はかなりレベルが上がりにくい。

 

  • 糞の極みであるAir Elementalの対策を考えておく。
    どの方法も大変な謎を解かなくてはならないのが難だが、Water 1, Concentration 1を取ってスペルを使うってのはちょっと勿体ない。Concentration 1の杖か、Dexterityベースのダガーを使えるようにしておく必要があるだろう。

 

  • DPS
    遠距離攻撃持ちを多めにする。出来れば全員可能にする。後半の山場となる戦闘は全て近接攻撃が不向きである。Magic User以外のメインウェポンが全員近接攻撃だとその時点で滅茶苦茶厳しいことになるだろう。
    Missle Weaponはスキルレベル5での20ポイントアーマー無視が強い。Throwing Weaponもスキルレベル5で、両手投げとなるので単純にダメージが倍になるので強い。Firearmsは、ジャムるうえにAttributeによるダメージ上昇が見込めないので使えない。
    ダメージを上昇させるには、良い武器を装備して武器そのものがもつダメージを上げるか、スキルによる5段階増加、AttributeとStatsによる増加である。
    AttributeとStatsは基本的に初期に割り振った値からBuffアイテムを着けない限り増えないため、レベルアップ毎にAttributeが増加していくClass、つまりBarbarianは強い。RogueもRanged Weaponに限ってCriticalが増加していくので結構強いだろう。
    また、結構ミスが出るので、Accuracyは地味に重要である。
    一方で、Special Attackはそこまで重要ではない。クリックの都合上どうせ一人ずつしかチャージ出来ないのでその間ロスがでる。

 

  • Class
    Battle MageはWizardの上位互換。Energyの問題は序盤だけで、Energyを上昇させる装備が整い始める中盤からは枯渇することは稀である。
    Alchemistはボムを使いまくれるプレイヤーなら素材が充実するので強い。ちなみにボムはかなり強いらしい。私は消耗アイテムをケチりまくるプレイヤーなので未確認。
    Barbarian>Knight>Fighter
    Strengthが上がりまくるBarbarianは言わずもがな。Knightは装備重量半分が美味しい程度、堅くなっても必ずKnightだけに攻撃が向くわけではない。FighterはSpecial Attackしている暇があったら全員で攻撃を叩き込め。

 

  • Race
    HumanのSkilledは使えるように見えて、スキルポイントは意外に必要ではない。近接攻撃と遠距離攻撃を両方使えるようにして、アーマーも着こなしたいということをやらなければ。また、Martial TrainingでAccuracy+7だが、SkilledからのAccuracyで1割り振った方が+10で得である。
    Minotaurは一人は入れたい。TraitsによるAttribute上昇は精々+2されるだけなのに、こいつのHead Hunterは最大でStrengthが+9されるので取らない手はないだろう。
    LizardmanのEndure Elementsはなかなか壊れている。単一属性ではなくResist ALL +25%。おまけにLizardman自身が、25%のRegistを持っているのでそれだけで50%の耐性を持つようになる。非常にタフ。

 

  • Magic School
    前作とは異なり、複数のSchoolの取得を前提としたスペルが多い。ゲームを始めた時点では分かるわけがないのに…間違ったSchool選択は死にスキルと化すので、石を投げるだけということになりかねない。
    Fireが突出して強いが、Airが後々必要になってくる。
    Waterは単体で使えるスペルが無いので、Waterを取りたい場合は、まずEarth、次にAirも取得すること。
    Concentrationも2か3までとっておくと不自由しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。