The Longest Journey display setting

The Longest JourneyはCRT時代の古いゲームなので、解像度が640×480のアスペクト比4:3のみです。非4:3ディスプレイでプレイするには次のような設定が必要です。

NVIDIA:

  1. 「NVIDIA コントロール パネル」を開く
  2. ツリーメニューの「ディスプレイ」→「デスクトップのサイズと位置の調整」を選択
  3. 変更するディスプレイを指定して「スケーリング」タブを選択
  4. スケーリングモードを「縦横比」にする(デフォルト:全画面表示)
  5. 「スケーリングを実行するデバイス」をGPUにする(デフォルト:ディスプレイ)
  6. 「ゲームとプログラムによって設定されているスケーリングモードを上書きする」にチェックを入れる(デフォルト:オフ)

 

AMD:(持ってないので英語項目しか知らない)

  1. AMD Catalyst Control Centerを開く
  2. My Display Flat-Panels→Propaties (Digital Flat-Panel)を選択
  3. Enable GPU Scaleingにチェックを入れる
  4. Maintain Aspect Rasioを選択する

Intelも知らないけれど似たような項目があるはずです。

 

画面がちらつくなど、描画がおかしい場合:

  1. まずはビデオカードのドライバーを更新してみるか、正常に動作するバージョンを探す
  2. “Users/<username>/AppData/Roaming/The Longest Journey/” か “%appdata%/The Longest Journey/”を開く
  3. Preferences.iniをテキストエディタで開く(無い場合は、一旦ゲームを起動終了する)
  4. 次の項目を書き足してハードウェアアクセラレーションを切る
[DirectX]
bool_UseHardware=0

次のような項目も有効かも知れません。

bool_IsDoubleBuffer=0
int_BitDepth=32
bool_StartFullscreen=0

上から順に効果を予想:
VSyncの切り替え
深度バッファのビット数(32 or 16?)
フルスクリーン切り替え


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。