Divinity: Dragon Commander part.2

内政フェーズでの意志決定は、プレイヤーの価値観で決めていきたいところではあるのだが、絶対的に良い解というのが用意されておらず、多かれ少なかれ利益と不利益を被る。Generalや支持率、その他諸々(収入とか入手カードとか)にも影響を与えるので、それらを天秤にかけていくのがなかなか悩ましい。
選んだ結果は、大抵次のターンの新聞で世間の反応としてそれとなく窺い知れる。

 

Single Playerでは1対1の戦争に勝利してからが本番で、以前まで取り合っていた領土は一つになり、ワールドマップが拡大して多人数戦になる。
この時、ワールドマップ上に存在する兵科は持ち越しできず、規定数にされるが、その他の要素は引き継がれるため、1対1で楽な間になるべく稼ぎまくっておいた方が得のようである。ひたすら粘り続けていると、新聞とかでもはよしろと言われてペナルティが付く可能性があるが、ちょっとやそっとではペナルティは発生しないようだし、多人数戦時の敵勢力も少なくとも見かけ上は強さは変わっていない模様。所持金とかの内部パラメータは不明であるが…うーむ、いいのか?

それと同時に、結婚することになる。嫁候補は全部で4種族。そこに人間は居ない。
お付きのWizard(Divinityシリーズに出てくるいつものあの人ではない)に人間は居ないの?と聞くことも出来るが、プレイヤーは訳ありでなったEmperorなので政治的な都合である。
Scarlettでも良いじゃないかと思うかもしれないが、彼女は諸般の事情で無理であることがゲーム内でも明かされる。

 

DragonCommander-Lohannah.jpg

Elf Princess Lohannah
恋に恋するお姫様。ゲーム内でも美人だとある人が言うが、人間からすると年増とかいうレベルどころではないらしい。
何故か肩紐の部分が体のモデルと一体化しておらず、物理演算対象になっている。そのため、動くと必ずといっていいほどずり落ちる。ポロリしそうでドキドキするのだが、残念ながら胸部は物理演算対象になっていないように見える。Official Websiteのイメージでもずり落ちているのでバグではなく、フェティシズムに明るいアーティストの所業だろう。

 

DragonCommander-Camilla.jpg

Lizard Princess Camilla
Avatar…ではなくて、トカゲ。
結構キツイというか、歯に衣着せぬ物言い。王女として頼もしくもあるし、Mな人にはたまらないかもしれない。

 

DragonCommander-Aida.jpg

Aida
眼鏡巨乳Dwarf。ただしロリという接頭辞は付かない(関係ないけれど、あの手の男性とかけ離れたビジュアルはどうかと思う)。
なんだか典型的なDwarfな性格っぽいので、いいおかんになりそうではある。
Official Websiteを見ても何故か彼女だけPrincessという肩書きは付かないのが気になるのだが、CouncillorのSir Falstaff SilverveinがSirだからだろうか。

 

DragonCommander-Ophelia.jpg

Undead Princess Ophelia
色物枠!
なのだが、なんだか奥ゆかしくて可愛らしい。一癖も二癖もあるLarian Studiosのデザイナーの愛を一身に受けていそうである。
愛が試されるが、昨今ではネクロニカなどもあるので、今時の日本人にとっては余裕だろう。
実はOfficial WebsiteやThe Imperial Edition、GOG.comの特典でネタバレされているのだが…

また、ゲーム中でも理由は明らかにされるがImp Princessは候補としていない。コンセプトアートにはいかにもなものがあるあたり、可能性はあったようだが。

さて、私が誰を選んだのかというと…

DragonCommander-Choice.jpg

Dark Elfがいたのならば、迷うことなくそれを選んだのだろうけれどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。