Dreamfall: The Longest Journey part.1

あれから10年…

初っぱなから何から何まで前作The Longest Journeyをやっていることを前提としているので、The Longest Journeyをやっていない人がやると、何だかよく分からずにつまらないものになるのではないかと思う。

プレイする側もThe Longest Journeyの続編であることを期待してプレイしているはずだが、あいにくDreamfallの立ち上がりは遅い。どうでもよさそうな話からじわじわと関わり始めていくので、非常にかったるい。過去のボーイフレンドなんてどうでもいいじゃないか、そんなことよりもAprilだろ…というね。

あまりアドベンチャーゲームに造詣が深いわけではないのだが、これまでに面白かったアドベンチャーというのは、いきなり自殺を図ったりいきなり異世界に飛ばされたりいきなり交通事故で意識不明の重体になったりしていた。プレイヤーを惹きつける劇的なイントロは欠かせないのではないかと思う。
とにかくDreamfallでは、一見どうでもよさそうな(よくはないのだが)最初の数時間を乗り越えて、「あれ、もしかしてこの場所は前作の…」ということになってくると、ようやくエンジンがかかってくる。

Dreamfall-TheBorderHouse.jpg

とりあえず気になるのが、キャラクターの表情が非常に乏しい。
主役級のキャラでも、ほぼ無表情で目と口だけ動かして喋っているのが不気味だ。その辺のNPCとなると口しか動かない。2006年のゲームなので、表情豊かなHalf-Life 2だとかVampire: The Masquerade – Bloodlinesなんかはとっくに出ていたわけだから、もうちょっと頑張って欲しいところである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。