XCOM: Enemy Unknown part.2

げぇっ! Cyberdisc!

XComGame-Cyberdisc.jpg

手抜きだったような円盤物体から、妙に格好良くなってるんですけれど。
障害物無視して飛んできてプラズマライフル並みのダメージを与える射撃をしてくるし、お供のDroneが回復しやがる。おまけにこちらがグレネードの効果範囲内に二人以上固まっていると、確実にグレネードを投げてくる。
相変わらずグレネードは投げられたら回避のしようが無いのがきつい。以前のようにグレネードを食らったらほぼ確実に即死というわけではないのだが、確実に5点の消耗させられる。さらに食らってパニックになって操作不能に陥った後、次のターンでカバーにしていた自動車が爆発してそのまま死んだり。
強敵になっているが、自爆時の爆発範囲が見た目よりも随分と小さい(または無い)のは救いか。

Mutonなんかも的確にグレネードを投げてきて、Sectoid Commanderなんかはグレネードを持ってはいるものの洗脳中心で投げてこない。種族ごとに個性分けされているともいうのだが、Sectoid Commanderはよほどのことがない限り洗脳をやろうとしてくるので、もうちょっとその時の状況に適した行動はあってもよかったかも。

宇宙船内に突入したら屋上にいたMuton 3体が入り口3箇所に分かれて降りてきて包囲してくるなど、おっと思わせる動きをするときもある(突入前に掃討しておけという話なのだが、船内のSectoid Commanderがすでにアクティブな状態で、先にこちらを始末しないと洗脳されて不味いのだ)。孤立して負傷したりすると一旦引いたりして理に適った行動をとることもあるが、何考えているのかよく分からん動きも時々見られる。
こちらが目視をするまで活動しないような固定位置に配置された敵と、あからさまなスクリプト沸きがあるのは残念。特に背後から沸かれると、何のために後方の安全を確保したのかと萎える。これは他のゲームでも常々言っていることだが。

 

今風に演出をしてくれるアクションカメラは、はじめのうちはいいのだが段々粗が見えてきて出来の悪さが嫌になってくる。
動きにずれていて変なところを映していたり、見切れていてダメージを与えたのかどうか分からなかったり、カメラ演出中に次の敵の行動が行われていて何しているのか見えなかったり(偶に撃たれて食らっていたりするし)、妙にスローモーションになってなかなか終わらなかったりする。
一通り見たらオフにしてしまおう。

通常のカメラも酷くて、天井の低い宇宙船内では特に糞過ぎる。隊員を切り替えるたびに天井が再表示されて、まともに見えなくなる。この邪魔な天井を消すには下の階層を表示すればいいのだが、そうすると移動のためのセル指定が下の階層を中心としたものとなり、移動が非常に困難になる。
テストプレイしてなんとも思わなかったのか疑問だ。うまく回避できない問題なのだとしたら(それはエンジニアの技術不足か、特許絡みだろう)、常に天井を表示しないという苦肉の策のオプションを設けるべきだろう。

XComGame-RooftopsSucks.jpg

 

それから日本語訳は誤字と誤訳まみれの酷い出来なので、特にシステムに関わるものは英語でチェックすることをお勧めする。
日本語として成り立っていない文も結構ある…
折角なのでと日本語でやっていたが、2周目以降は英語だろう。日本語の所為かどうかはわからないが、セーブデータの並び順が時系列にソートされておらず、滅茶苦茶な順序だし。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。