Legacy at Petitcom mkII part.3

PC作れるようにしたり、シート見られるようにしたり、レベルエディタを作りかけていたり。

pmkii_WIP0.jpg

うーん。

pmkii_WIP1.jpg

まだゲームらしい要素は何もなく、下地を作っているにも関わらずコード量が肥大化しているのが懸念事項か。1プログラムあたりの最大行数9999行の既に1/3近くを使ってしまっている。コード以外のデータは極力コード外に追い出すようにしないと間違いなく不足はするだろう。出来るならば、極力スクリプトエンジン化してしまってゲーム進行は全部コード外にしてしまいたいところだが。
あと、マジックナンバーを減らすためにenumのような変数を定義しまくっているのだが、これも結構洒落にならない行数を食っているのでなんとかしたい。その辺のconstantな変数や配列を宣言しまくって初期化したプログラムを分けておいて最初にロード、次に本体プログラムはCLEARせずにロード、とかをやれば比較的まともに解決できそうだが、その辺の切羽詰まったやり方は最大行数に到達したら考えよう。

また、今の段階で既にコードの可読性がやばそうだったので一旦整理。
ラベル分布リストをPC上に作成する(出来れば変数もやりたいのだが、更新が面倒なのでパス)。
検索移動用のラベルを埋め込む。似た処理や続いて呼ばれるサブルーチンの配置をまとめる。更新頻度の低いサブルーチンは下の方に配置する。
変数やラベルの命名規則をガチガチに固めてしまう。グローバルに触られる変数にはprefixをつける。いわゆるローカル変数(呼び出し元や呼び出し先で弄られても影響がない変数)にはアンダースコアをつける。などなど。
プチコンではコピペが1行ずつしかできないので、一旦PC上で作業した方が良いですね。

さて、ぼちぼちと戦闘周りにとりかかっているが、ちょっとエンカウント処理を作ってみて、毎回起動の度にPCを作らんと駄目なのが面倒すぎるなということで、戦闘よりも先にセーブ/ロード周りを作らないと駄目そう。
プチコンのセーブメモリーのMEM$は255文字までなので、PC情報*PC人数+システム情報を詰めなければならないことを考慮すると、ビット単位で詰めていったとしても入りきるかどうかはかなり怪しい。
GRP領域をメモリとして割り当ててしまえば、かなりの量が確保できるが、余計に書き込み読み出しを作る必要があるのと、最終的に利用するセーブデータ量が未だ不明なので、分割して保存することを考える。MEM$なりGRP1個に収まるのならば、後でくっつけてしまえばいいわけで。
LOADは確認ダイアログを省略できるが、SAVEは確認ダイアログが必ず出るので、ダイアログ出まくりでうぜえということになるかどうかは要検証。
やるつもりはないけれど、PCロスト即セーブというのもダイアログが出るので無理なのよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。