Planescape: Torment part.9

Fall-from-Graceのステータスがバグりまくっていたので各種modを最新版に更新することに。最新版では直っていたので気にする必要は無いが、”除外した”項目のメモ。私はこうしたという目安なので、詳しくはreadmeを読んで判断して下さい。

Unfinished Bussines

  • Expanded Deionarra’s Truth
    これは存在はするが使われていないデータの復元というよりも、fun-madeの新規追加か。オリジナル要素ではないので、周回プレイ向けかもしれない。
  • Restored Item Cheats
    チートは当然無しで。

 

Tweak Pack

  • Explore City Areas
    街のFog of Warを無くす。好みの問題か?
  • Scale of Souls
    alignmentの数値を見られるアイテムの追加。細かくalignment管理をしたい周回プレイ向けか。初回はあまり気にしてやりたくはないので。
  • Save Nordom!
    そういう状況に陥る前なので詳細は不明だが、要するに二度と戻ってこられない場所で新しいfollowerが増えた際に、6人パーティだと誰か一人を見捨てないといけなくなる羽目になる。これを回避するというか復帰できるようにするというものだと思うのだが。そういう状況に陥りそうになる前に、常々5人パーティで行動していればなんとかなるのか?
  • Disabled Stat Minimums
    能力値を初期値の9よりも下げられるようにする。効率プレイしたい人向けか。
  • No Battle Music
    戦闘BGM無し。何故…
  • Use Floating Text Font Globally
    floating textのフォントを変更。UI modを使う場合にはお勧めしないとのこと。
  • Identify All Items
    アイテム全部鑑定済状態。Identifyが面倒な周回プレイ向けか。
  • Power Action Leprechaun Annah, by Black Isle
    Annahの見た目が変わる。Black Isle製。
  • Easter Egg Morte
    Morteの見た目が変わる。こちらもBlack Isle製。
  • Rest Anywhere
    どこでも休憩。このゲームではそれが出来ないのが良いのに。
  • Tome o’ Cheats
    チートは当然無しで。

 

Torment-Statue.jpg

ひたすらClerk’s Wardを探索。
おもちゃで遊んでしょうもない妄想したり、石像に話しかけたり(Morteに突っ込まれて、冷静に返すあたりがまた…)と、ちょっとおかしなNameless Oneを見ることが出来る。過去ではIgnusとの関係を知る際でもそうだったが、あんなに荒れていたり鬼畜だったりしたものなのだが。

The Brothel of Slating Intellectual LustsにいたMorden(ロボ)にMorden Cubeについて聞くと、どうやら実はportalらしいので弄って起動。行った先の一番難しいMazeの果てにNordomを仲間にする。つまり5人で行かないと一手間あるわけで、仲間になったばかりのFall-from-Graceをいきなり外す。
Tormentでは雑魚が雑魚じゃないくらいに強いし、防具もロクに存在せず多少ACを稼いだところでも、敵のTHAC0の方が圧倒的に低くボコボコにされるので、回復したところでキリが無い。Nameless OneとIgnus以外にはRegenerationを持ち合わせていないので、Priestの有り難みはあるといえばあるのだが、さっさと攻撃して倒して消耗を減らすのと大差無さそうではある。
NordomはCross Bow Fighterなのだが、Fighter多すぎじゃないか。しかしながら、+15% Critical HitのScopeをつけるとえらく強い。
ちなみにこのMazeでは敵に話しかけられる前にpauseして次のエリアに移動するように指定すると、一瞬で次のエリア移動できるexploitがあるようで、使いようによっては便利。

Ravelに関することは、Morteを攫った魔法使いのお勧め通り、Society of Sensationの拠点であるThe Civic Festhallに手がかりがありそうだが、どうやらSensateにならないとお目当ての人には会えないらしい。もちろんハッタリをかまして成りすますこともできるが。
ちなみにfactionへの所属は一度に一カ所のみだが、他のfactionに乗り換えることができる。乗り換える以前のfactionへの再所属は出来ないようだが、factionのサービスはそのまま受けられるような気がする。乗り換えられる限度や、乗り換えたことによるalignmentなどへの副作用は不明だが。

Sensateになってアクセス出来る場所を色々探していると、遂に日記を発見。解読して読んでみたが、あまり有用な内容でもないような。
Ravel’s Mazeに行くためのportalのkeyについても聞き出す。ここで、The Brothel of Slating Intellectual Lustsで済ませたクエストが絡んでくるのね。この辺のクエスト群は意外性に富んでいて面白い。
さらにRavelとコンタクトを取ったり、Deionarraとの壮絶な決別について知ったりと展開が加速。Deionarraの件に関しては盛り上がりどころの一つであると思うのだが、人格を切り替えながら追憶していくので滅茶苦茶読みにくく、把握しきれていないのが大変惜しい。
portalの所在とそのkeyも手に入ったので、Ravel’s Mazeに行く前にやり残したことをやって準備しますかね。とりあえず、Undersigilに入ってみたら、相変わらず滅茶苦茶敵が強いし、無限湧きだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。