Planescape: Torment part.6

Nameleses Oneのクラスは特殊で、Fighter/Thief/Mageの3種類を切り替えるようになっている。
クラスを切り替えるにはtrainingを行ってくれるNPCと話すことで、その会話の直後から切り替わる。trainerはその辺にいるが、follower(Dak’konとAnnah)もそれぞれのクラスのtrainerになる。後々仲間になるIgnusはMageのtrainerにはならないので、この場合もFighter/MageのDak’konから。ただしSigilにいる別のMage trainerから教わって一度Mageにならないと、Dak’konはMageについてのtrainingを行ってくれない。
各クラスの経験値はクラス毎にばらばらに管理されているので、Dual ClassともMulti Classとも、3版のMulti Classとも異なる。Dual Classのクラス数を3つにして、前のクラスのレベルを追い越すと前のクラスの技能を取り戻すという概念が無くなり、常に現在のクラスの技能のみが使えるという感じが一番近いのだろうか。
それならFighter弱いしいらないじゃないかということになってしまうが、Fighterだけがレベルアップ時に好きな能力値を1ポイント上昇させることができる。また、レベルによってはStrength(他の値がどうかは不明)が上昇したりする場合もあるようだ。能力値は人間の限界値を超えた18以上の値にすることもできる。
Weapon Proficiencyを得ることが出来るのもFighterだけで、得たポイントはFighter trainerから教わることで割り振ることが出来る。これまたDak’konは専用の思念武器Zerthbladeのみを扱う所為か、彼からはWeapon Proficiencyの割り振りはできない。

今のところThiefはあまり必要が無さそうな感じ。Backstab狙いでなければ、数レベル上げてThief skillを十分に上げたら不要かな。

(追記訂正)Fighterが能力値ポイントを得られるのではなく、3種のクラスで最も高いレベルになった場合にポイントが得られるようだ。例えばFighter 3/Thief 4/Mage 5だった場合には、いずれかのクラスのレベルが6になった場合にポイントが得られる。

 

Torment-AnnahAndFell.jpg

AnnahがFellにびびりすぎていて可愛い。こんなキャラだったっけ?
初登場時はもっとキツいことをガシガシ言って噛みついてくるような印象だったし、平時もそんな感じなのだが。
Nameless Oneが口説くような台詞を言ったときの反応とかもねえ。
ちなみにWeeping Catacombsで拾った入れ墨付きの腕(武器扱い)をFellに見てもらったところ、Nameless Oneの腕だそうな…Fellは以前のNameless Oneを色々と知っているようだが、言えないことも多いらしい。

The Hiveでまだ行っていない場所に行って色々やり残したことをやってから、以前自分が死んだ場所に向かう。
サイドクエストでは悪漢退治とかお使いとかの定番なのも多いが、Negative Planeに行ってしまって体が半透明な人とかのPlanescapeならでわの話はなかなか面白い。Planescapeがどういうものか知らない人のために、ひたすらPlaneの説明をクドクドとしてくれるが、その辺は多すぎて読みきれない。

Tormentでは危険だと忠告された場合は本当に危険なわけで…

Torment-TenementOfThugs.jpg

大人しく迂回路を探る。迂回してもAnnahを使うことを想定しているのか、Stealthで通り抜けないと駄目なのだが。
以前に死んだ場所ではどうやって死んだのかを思い出すことが出来る。Fellとの会話やカットシーンで度々出てきたShadowによるものというのは分かるのだが、さてここからどうしたものか。The Hive以外にも行ける場所が増えたので、その辺を調べようかな、というところでMorteが誘拐されてしまった…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。