The Elder Scrolls 5: Skyrim part.2

そうだAzura様に会いに行こう。

TESV-Azura.jpg

どうもNerevarの生まれ変わりのNerevarineの生まれ変わりの生まれ変わりくらいです。

Enchant weaponは時間でリチャージされないし、今のところリチャージしてくれるNPCも見あたらないので、Azura’s Starは是非とも欲しい。
さらにEnchantのPerksを見る限り、極めると圧倒的に強いのではないかと予想。Smithingも自作時の強化具合がどの程度なのか不明だが、こちらも強力そう。その分他のSkillに割けるPerkが減るのが悩ましくもあり、楽しくもある。そうして決めかねているうちにどんどん未使用のPerkだけが貯まっていくのだが。
他にもMageではなく殴りたいのならば武器のSkillを選ばなくてはならないが、Two-handsではなく装備点数の多いOne-handの方が適しているのかな。Two-handsの重々しい攻撃も捨てがたいが、柄の部分で殴りつけたりする素早い攻撃も出来て欲しかったが、出来たりするのかしら。One-handだととっさの反撃時にそのままグーで殴りつけるような動作はする気がするが。
Melee Skillはこの2種類だけになってしまったが、PerkでSword, Bludgeon, AxeにSpecializationしていくことになるので減った感じはしない。むしろ、Perkの数はLevel-1の数に等しく限りがあるので、以前のように両立できない。排他的な選択にならざるをえないのでさらに細分化したとも言える。なんせ以前まではLongsword SkillがあればOne-handもTwo-handsも扱えたので。

Azura’s Starを回収しに。立ち入った時点で雰囲気満点だが、つまりそういう人が使っていると。
無事にクエストが終わると、なにやらAzuraに仕えているDunmerがついてくるとか。Dunmerは好きなのだが、Skyrimの女性Dunmerは目の下の皺が無ければ良いのに。二百年前のRed Mountainの件から逃げてきた人が多いらしく、それから今も生きている人は寿命的に結構いるんだろうけれど、その所為でDunmerだけ他の種族よりも老け込んでいたりするのだろうか。移住地での2世や3世がいてもおかしくはなさそうだが。

TESV-Dunmer.jpg

 

それはそうと、相手に渡したり、チェストにしまったりするのはRなのに、相手から受け取ったり、チェストから取ったりするのはクリックという。そして、自分のアイテムはクリックすることで使用して、チェストのアイテムで全て回収するにはRを押すという。売買時は自分のアイテムをクリックすると確認なしに売り飛ばすという、チグハグな操作でイライラがマッハ。
大体さあ、今までみたいにそういうアイテムを移動させる場合は、アイテムを使用できなかったんだし(Morrowindはペーパードールにドラッグするとそのまま使えたが)、今回もそれで良かったじゃん。なんでそう余計なことして操作しにくくさせてんのかね。仮にやるにしても統一しろよと。

TESV-CE.jpg

いやしかし、でかい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。