Deus Ex: Human Revolution part.2

Detroitで随分と散策に勤しんだものだが、Hengshaはそれ以上に素敵。メガストラクチャ的な景観に心が躍る。
どちらも立体的に作り込まれた街なので、Jump EnhancementとDescent Velocity Modulator(高所降下)は是非とも欲しい。降下する度に三人称に切り替わるのが鬱陶しいが、散策には欠かせない。
飛び乗ったり飛び降りたりして普通行かないような場所に行くと、シークレットアイテムが丁寧に置かれているのは嬉しい。
Punch Through Wallも、これでしか行けない場所が結構あるので欲しいところ。

ボス戦は事前に調べたkillphraseでまるまる回避というわけにはいかず、ムービーでしゃりしゃり出しゃばって勝手に見つかって、正面から戦うという間抜けな感じで始まる。
最初のボスは撃ちまくりで倒す以外にも、そこら中に置いてある消化器や赤いドラム缶や毒ガスをポイポイと投げつけることで、まだ楽に倒せるようになってるのは良かった。吊り下げられた荷物も撃ち落として攻撃に使えそうだが、試せず。
だが、ひたすら撃つしかないボスも。一応こちらも地形を使った攻撃は出来るのだが、自分もくらってしまい体力負けしてしまうような。これは回避できるのか?
相手がスタン中でもTakedownが返り討ちにされるのはやり過ぎだと思う。
倒した後もムービーを挟むが、ムービーゲーにありがちな、何故か倒したことになっておらずこちらが苦戦している、とかいうふざけたことにはなっていないようで一安心。

 

dxhr-Yelena.jpg

なんというか、一言も喋らずに散っていくとか勿体なさ過ぎる。
シルエットは格好良いので、Annaさんのようなキャラクターとしての魅力を期待していたのだが。

botとの強制戦闘もあるのだが、これがDeus Exだったら端末からbotをシャットダウンするとか、味方につけた別のbotを呼んできて戦闘させるとかがあったのだが、本当に武装で倒すしかないのが残念。ハンガーを開くにはまずbotを停止させて下さい、と繰り返される微妙にメタなアナウンスの所為で余計に萎える。
幸いにもどんな育て方をしていてもEMP Grenade一発でbotを破壊できるのだが、それはそれでロケットランチャーが粗大ゴミな程に無用の存在すぎる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。