Jagged Alliance 2 part.7

戦闘の数日後にカラスが腐肉を漁っているのがなかなかグロい。ビジュアルはともかく啄む音や血の滴る音が中々。平然として死体を放置している民間人やMilitiaが気になるが、見せしめなんかね。臭ってきそうだし、実際に傭兵も付近を通ると鼻についているような台詞を放つ。

ja2_scavenger.jpg

Grumm制圧。
撃って倒しきれなかったり、それ以外の敵が発砲時の明かりや音に反応したりして、敵が見当を付けて照明や手榴弾を投げてくる状況を1ターンでなんとかするには、こちらが先にBreaking Lightを投げるに限る。殆どの場合、相手は次のターンで照明から逃げざるをえないので時間稼ぎが出来る。逃げ出すことは分かっているので、スタンやガスなどを併用して動きをとりにくくさせておくと尚良い。
偶に捨て身覚悟で攻めたり投げ物投げたりしてくるやつがいるというか、Grummでは初めて照明下から逃げ出さずにBreaking LightとMortarを撃ち込まれて大惨事に。

シビアな難易度の割には、X-COMの隊員のように傭兵が使い捨てというわけにはいかないので、致命的な状況をロードによる試行で回避していくのが、面白くもあり難でもある。致命的な状況でない多少のダメージならば許容して進めているが、手慣れた人ならノーセーブでも余裕なんだろうか。
まあこの辺のシビアな匙加減を、個人のやり直しに委ねるというところはWizardlyに通じるところでもある気がする。

Grumm制圧後に、Rebelsに報告に行くとCarlosとMiguelが仲間に。制圧拠点数次第なのかな。Carlosは普通だが、Miguelが非常に強い。A.I.M.の上位に食い込むくらいの実力だが、当然タダ。Rebelsのリーダーだけあって、Leadershipがずば抜けている。
まあでも、今更加入されてももう終盤で残り少ないのだが。Miguelは指揮を執らなくてはならないので、離れられなかったのは分かるのだが(どう見ても何もしていないが)、Carlosはもっと早く仲間になって欲しい。
さらにSan MonaにてIggyという、Russiaに帰りたいから有利なところに加勢したいという傭兵が出現。専用の小型ロケットランチャーを持っていてステータスも良いのだが、$2,000/dayと高額なのでパス。ロケットランチャーは他人が使おうとすると指紋照合に失敗して撃てないし、専用弾の確保も大変そうだ。

現地リクルート可能なNPCでも結構有能なのが多いので、それとM.E.R.C.の傭兵だけで人数が上限に達してしまう印象がある。現地リクルート可能なNPCは一度解雇すると再雇用出来なくなる雰囲気なので、A.I.M.の強い連中を使う機会が中々ないのが悩ましい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。