Sacred Gold

H&Sは余り好みではないのだが、安かったし大変個性的なキャラクターに何かを感じたのでやってみる。

VampiressやらDaemon(demonではない)も捨てがたいが、Vampiressはtransformで戦法が変わるテクニカルキャラっぽく、Daemonも(実際はそうでもないのかもしれないが)これまたVampiressぽい雰囲気。Dark Elfは女性なら選んでいたんだろうがねえ。
ということで金髪ツインテ、白目、黒塗り、ビキニ、ピンヒールブーツ、機械羽で天使と言い張る強烈な印象のあるこのゲームの顔とも言えそうなSeraphimで。なんだかアメコミを彷彿とさせるデザインだがドイツのゲームなのよね。というかライトセーバーが何本も生えた羽を装備したSSが気になってしょうがないのだが、あれは何時手に入るの。

いきなりだがSword LoreやらとDuel Wieldingの効果が累積しないらしいのが納得いかない。どうやらそれで死にSkillが出来たのでやり直し。

Combat ArtsとSpellを上昇させるルーンなんかは、普通にプレイしたらまず手に入れたものを片っ端らから使ってしまうような気がするのだが。実際には上昇させるほど威力だけではなくcooldownも長くなるので、かなり計画的使わなくてはならないようなのだが、時既に手遅れ。

敵はHPが減ったり弓手だと逃げたりするのだが(オープンエンドで遮蔽物の少ないこのゲームでこれをやられるときついのだが)、近接攻撃だと全くの空振りをしたあげくにしばらく動けずに離れて攻撃されるという嫌な状態に陥りがち。
クリックしまくりではなくドラッグで攻撃し続けるのは良いのだが、偶に攻撃してくれなかったり(解除条件がよく分からん)、いきなり右クリックでCombat Artsを使おうとしても出なかったり、ちょっと遠い回り道をクリックして移動しようとすると経路が探索できずに嵌ったりと、気持ち良く進めたいプリミティブな部分がちょっとおざなりで損をしている気がする。

マルチプレイも前提とされているので他のキャラクター専用の装備やルーンが山ほど出てきて自分用の装備が滅多に出てこないのがあれだが、そういう使えない装備も一応素材のような別の使い道が用意されているのは良いね。分かりにくいけれども。

あとガキ(この場合は子供と書くよりも適切だろう)の罵声が酷い。沢山群がってきたかと思えば、「あっち行け」「病んでるの?」「馬鹿なの?」「キチガイなの?」と集落から離れるまで罵られる始末。そりゃあんな風貌とはいえ、大人にわざわざ寄ってきてそこまで言うものかね。
夜間に至っては松明を振り回しながらやってくるのがビジュアル的にも恐ろしい。
Witcherの子供はまだ可愛げがあったなあ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。