The Temple of Elemental Evil part.6

NulbはHommletとは対照的な陰湿な雰囲気漂う湿地の村。丁度ArcanumのT’sen-Angを彷彿とさせる。
というか、店ぐるみで窃盗とかちょっとどうなのよ。RPGでは判で押したようにgoodな住人の方が多い村が大半なので意外性はあるのだが、あんまり拠点にはしたくないなあ。かといってHommletは遠いし。
村で色々聞き込んだり、クエストをやったりしているうちに、Temple of Elemental Evilの所在は割とあっさりと分かった。直ぐに解決できるクエストもそれほど多くはなかったので外へ出かける。
数奇な運命が起因してそこに行かねばならないとかいうのではなく、殆ど大体が冒険者たる好奇心が動機となっているあたりが、いかにも本来のRPGらしい。古めかしくもあるが、コンピュータRPGでは希少なので、偶にはこういうのもありかな。

とりあえずImeryds Runに行ってみたものの、全く歯が立たなかったので大人しくTemple of Elemental Evilへ。見張りを張り倒してTower Ruinsに入ってみたのだが、Larethを倒していたので大騒ぎになって即戦闘に。数が多すぎるわエフェクトが重いわで半端ない。さらに、数で押してくるだけではなく、ちゃんとした連携で攻めてくるのが嫌らしい。
まずSilenceを連発されて、大勢の敵を足止めできなくなって転ばし屋のLeaderに転ばされる。そして、Tasha’s Hideous Laughterで動きを封じられて、起き上がれなくなっているところをボコボコにされて死ぬ。たとえSilenceから免れたとしても、射手がReady Vs. Spellで備えているので、詠唱を妨害しようとしてくる。
どうやってもlevel 4では無理だったので、さらに大人しく地下の探索へ。

地下は異様に広いものの、容易に進めやすい。想定されているルートかな。ここでも幾つか強めの敵を交えた集団戦があって、頭を使わなければ勝てない。頭を使っても倒せそうにないグループは後回し。

そうこうしているうちにlevel 6に。ここでWhirlwind Attackを取って、さらにWeapon Focus(Bastard Sword)を取る。level 8でImproved Criticalを取って、level 9はWeapon Specializationでなんとか挽回出来るじゃないか。…と思っていたら、Combat Expertiseを取り忘れている!level 10までずれ込みそう。
で、level 12でGreat CleaveとImproved Tripが取れるのかなあ。そのころには終わっていそうだが。既に遅いがBarbarianを混ぜるのもありかも。

かなり迷ったがlevel 6だが、BABが6になって攻撃回数が増えるので、前衛が一気に強くなった印象を受ける。それでも相変わらず、attack rollの偏りが酷く強さにムラがある感じ。こちらがが5連発で1と2を出して全ミスとかやっていたりするのに、相手は15以上とかの命中成功するロール値を連発したり。おまけに2連続クリティカルとか出しちゃったりして、前衛が瀕死なわけですよ。
実際の所、そういう不利な状況ほどロール値をよく確認しているだけで、偏りすぎに見えるのは多分気のせいだろうけどね。

あと、Enlarge Personがかなり強い。
このゲームではMelee Weaponに対してもちゃんとRangeの概念があるので、巨大化することでattack rollやdamage rollだけではなくてRangeも増大する。結果的にPolearmsのように機会攻撃を狙いやすいし、相手の攻撃範囲外からの攻撃も可能。
Whirlwind Attackとも凄く相性が良さそうでワクワクしてきた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。