Alpha Protocol part.2

1ミッション分進めてみたが、やはり悪くは無いのだが開発途中であるかのような色々と気が利かない部分が散見しているなあ、というのが相変わらずの印象。

ゲームからメニューに戻るときに一瞬だけ背景黒に主人公が立っている見せちゃ恥ずかしい画面がある。
クイックセーブができないぞと思ったら、なんとRPGなのにチェックポイント単位でしかセーブできない。なんというコンシューマ仕様。
さらにミッション中にロードし直すと、スニーク状態は解除されてしまうのでいきなり見つかってしまったりする。
昨今のTPSではカバーアクションがあると、障害物の高さによっては、さらにそこから障害物を乗り越えることができるのだが、このゲームではそれが出来ない。回り込むしかない。

やりにくい会話とNPCなんかは結構作り込んだらしく、選択肢を選ぶたびに頻繁に好感度が上下する。NPC毎に好まれやすい返答の傾向も設定されているような雰囲気だ。

ステルス状態の維持は今のところ異様に難しい。実際ステルススキルも取っていない状態で、さらにアーマーを着込んでいて、歩くとドカドカと音がでている状態なので納得はいく。それに加えて、視線チェックなんかもかなり敏感な感じがする。ステルスでやるならスキルがあるのは当然として、装備もその手のにしないとペナルティがきついのだろうなあ。
仕方がないので応戦するべく撃つのだが、闇雲に撃っても命中率は低いので、遠距離の場合は相手が撃ちまくっているのを耐えながら照準が収束するのを待つ。収束してから撃つとクリティカル扱いらしい。
ピストルなんかは相手との距離が遠いとさすがに収束してくれないので、選択した武器によっては距離を詰めて戦う必要があるのだろう。

APGame-Aiming.jpg

チュートリアルのSSなのはミッション中に一枚もSS取っていなかったため。

ミッションのレベルはさながらFPS/TPSのような進行というか、自分で作戦を考えていくつか考えられる進行ルートを選択し、複数用意されているオブジェクティブを達成していくので、割とまとも。敵のAIは期待していないけれど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。