Mass Effect 2 part.1

PC版の1をクリアしたのでようやくプレイ可能に。
1は何度もやったのでモチベーションが保ちにくいとか書いておきながら、VirmireでMakoを降りたあたりからは相変わらず盛り上がりが凄くて、一気に進められた。
何故か意味が十分に取れる日本語版をやっていた時よりも心が揺さぶられたりするシーンも。字幕以外にも音声を意識するウェイトが高くなるからとか?
Salarianの演説なんかは多分”Our Influence …”と何度も韻を踏むように語るからだと思う。
“I’m sorry, I had to make a choice.” “I understand, Commander. I don’t regret a thing.”
こんなこと言い合うのは何度目だよ。というカットシーンだが本当に済まないと思ってしまう。
濡れ場はあの二人なので、やっぱり割とどうでもよかったですが。

あと、少女をなだめるクエストが発生しなかったのが謎だ。発生条件がわからん。

MassEffect-End.jpg

 

そういうわけでMass Effect 2の開始。
1のクリアデータの2へのコピーはインストーラでも聞いてくるが、コンフィグからも出来るのでそれで。1のデータのインポートで引き継がれる内容はどの程度かはまだ分からない。
少なくとも開始して直ぐにプレイヤーが知りうる範囲では、大体以下。

  • 名前
  • レベル(開始するとまた1から)
  • クラス(開始後にまた選択可能)
  • 性別/容姿(開始後にまたカスタマイズ可能)
  • 生い立ち
  • Paragon/Renegadeどちら寄りで終わったか(多分獲得ポイントも)
  • Wrexの状態
  • MIAしてしまった人
  • Councilの結末
  • フィアンセ

ただし、内部的には相当引き継がれて影響を及ぼす可能性が高いだろう。

開始して意味深なカットシーンからいきなりクライマックス。
唐突すぎるんじゃないかと思ってしまうが、そこを気にするよりも素直に受け入れた方が楽しめるだろうし、後々解明されていくのだろう。さらに隙のない演出をしてくれるので、そうとは分かっていても引きこまれる。Debut Teaserはこれなのかなあ。

MassEffect2-Opening.jpg

 

と、ここでキャラクターメイキング。
リセットに合理性を持たせるためにこれだけ大掛かりなことをやってしまって、3はどうやってリセットする気なんだよ、というくらい凝った導入。
直近の1ではAdeptでやったが、PistolのDPSの低さが難だったのでVanguardでやることに。
今回のクラスは各クラスに固有のスキルがつくので、VanguardがAdeptのBiotic減らす代わりにショットガン持たせたみたいなポジションではない。さらに、各クラスで使用できる弾薬に制約がついたので(スキル扱い)、アドレナリンラッシュを使わないといまいちパッとしなかったSoldierは弾薬の扱いにも精通するようになって優位性も増した感じ。

キャラメイクが済むと一難去ってまた一難。
またかよ…という感じだが、これはチュートリアルを兼ねるようだ。動きがかなり軽快になっていて、1から通してやるともの凄い違和感があったが、当然ながら良い改善になっていてかなりTPSらしく振る舞うことができるようになった。
カバーポジションにつくのが自動ではなくスペースキーになって暴発が減ったのは良いが、任意にしゃがむことが出来ないような。

さて、ようやくちょっと落ち着く。
ここで記憶に関するチェックということで、生い立ちと前作やってきたことのおさらい。AndersonとUdinaのどちらを選んだかというのも引き継がれているのかと思ったのだが、ここでの選択肢が優先されて史実になるのかも。どちらもAndersonにしたので不明ですが。

しかしながら1も凝っていたけれど、ライティング(照明)がさらに凝っていていいなあ。

MassEffect2-Lighting.jpg

 

Related Posts


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。