Baldur’s Gate 2 part.13

アバジガル戦。
防御スペルを使いまくってこないし、インビジして後衛に突っ込んでこない分、ドラコニスよりかは弱いような気がするなあ。パラメータ上はこちらの方が多分強いんだろうけど。
変身直後の吹っ飛ばしが回避出来なさそうなのと、範囲攻撃の範囲が予想以上に広いことさえ気をつけてればそれほどでも。

分かりきっていたことだが修道院へ。
意外と話の出来る人だったが、こちらも命を差し出すわけにもいかないし、彼も踊らされているだけで、彼の理想通りに事が進むとも思えないのでさくっと倒す。

さて、ヤガ-シュラ戦後からやり直しては見たものの、結局仲間との会話は殆ど進展せず。
ヴィコニアとサレヴォクのアライメントチェンジは期待していたのだが、起きなかったなあ。
ロマンスの場合は、各ボス撃破後にはほぼ必ずあるっぽいのだが、これも最後の試練達成後以外は発生しなかったし。ToBを最初からやり直さないと駄目な気がするが、まだそこまでやる気はない。
それから各ボス撃破後以外の会話は、進行が早すぎると発生しない可能性もあるので、小一時間ほど放置とかしてみたりしたが、特に変化も無く。進行を遅らせるという意味では、ウォッチャーズ・キープはToBでやるのがいいのかもね。
で、分かったのはイモエンがよく喋るのと、お気楽な性格だなあということくらい。SoAの件から立ち直って、元の性格に戻ったということなんだろうけど。

そして遂にラストバトル。
流石に強い。というか大変だ。特にレベルドレインが厄介で、これの対策が肝か。ネガティブ・プレーン・プロテクションは、6ラウンドしか持たないので常時かけっぱなしにできないのがいつも不便。アングルヴァルダルとルーン・ハンマーで二人分は防げるのだが、それを持たせていないサレヴォクの保護がとにかく大変だった。レイスはターゲットの誘導が楽なのでどうにでもなるが、シャドー・スレイヤーは混戦状態で出てくるのできつい。
後衛はタゲられてしまった時用に、各自インビジポーションがあると便利だった。
とにかく消耗戦なのでプラネーターやデーヴァのスペルも有効活用すると良いかも。

長かった冒険に幕が下りる。
ひたすら苦難続きだった主人公がようやく報われて感動。
シンプルな幕引きだが、BG1からこれまでの冒険を振り返ってみると、ここまで達成感や充実感を得られるゲームは中々無いんじゃないかな。
とりあえずエンディングは2つ見てみる。全部で4パターン?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。