Baldur’s Gate 2 part.10

7章へ。
難なく宮殿内部へ。試してないけれど、裏道っぽいのが用意されていてショートカットできそうなのは、Evilプレイ用なんですかね。
最後の戦いを予感して踏み込もうとしたら、この仲間達と旅を続けてきて良かったと思わせてくれるのは流石。

樹上での戦闘は相手が息切れするまで逃げながら戦うと多分余裕なんだろうけど、ガチンコ勝負してみることに。
開幕にガチガチに防御スペルで身を固めるので、順番に丁寧に剥がしていかないと駄目だなあ。で、剥がしきると同時に一斉にアタックしてダメージを与えた瞬間、またコンティンジェンシーでガチガチになるので、これまた丁寧に剥がさないと駄目だ。
結構長引いてファイア・シールドが地味に痛いので、攻撃可能になるまでは少し離れておくとよし。

ラストは弱かった。適当にデーモンを蹴散らしてる間に丸裸にしてフルボッコ。
相手のシェイプシフトが解けてもなおアタック命令を出すと、その後のカットシーンでも殴られ続けてるのが間抜けだが、ようやくSoAクリア。
因縁の決着はついたものの、BG1よりも主人公の宿命がこれからどうなるのか、さらに分からないような終わり方をするのは、ToBの事を見据えていたのかな。

そしてシームレスにToBへ。引き継ぎたいアイテムを全く持ってこなかったので一度やり直してますが。なんだか主人公の特殊能力が元に戻って無い。神性を抜き取られた時の夢とか、スレイヤーとかもあるし、結局神性がどうなったのかは曖昧なんだよなあ。

最も強いバールの子達の一人、疾風のイラセラ(笑)
最初の戦闘とはいえ弱すぎませんか。病んでそうなポートレートはよし。

折角のToBなのでサレヴォクを連れて行こう。
代わりに外すのならエアリーだろうけど、WISが高いウィッシュ要員がいなくなるからと外すのを懸念していたのだが、ポーション飲んでWISあげりゃいいことに気がつく。そういえば、ポーションまだ一度も飲んだこと無いな。もっと活用しよう。
まだレベルが低いのでちょっと頼りないが、偶に固有のスキルっぽいデスブリンガーアサルトが発動して敵を即死させてくれるので期待。さらにシルバーソードも持たせて、レベルの低さを即死で補う方向で。

メリッサン…なにこの胡散臭い女。バールの子を集めて保護したところを包囲されるとか臭すぎるが、さて。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。