DAO GFF WIP

http://social.bioware.com/wiki/datoolset/index.php/GFF

を見ながらGFFを読み込むプログラムの作成を試みる。

ヘッダ読み込みOK。構造体配列も問題なし。フィールド配列もおk。

で、肝心の欲しいデータが埋まっているRaw Data Blockを読み込みたいのだが、途端にドキュメントの情報が無くなってしまう。

どこかにデータを参照するためのmimic pointersなるものが埋まっているはずなのだが、上記の難なく読めた部分には存在しなかった。Raw Data Blockの先頭からの逐次読み込みでは、バイナリ見て見当をつけれるデータはサルベージできても、順序よく並んでいなかったのでデータの階層構造は得ることができず使うことができない。となると参照に必要なアドレスはRaw Data Blockに埋まっているはずなのだが、Raw Data Blockの情報は無いし、どうもGFFの中でも各種ファイルタイプ別に割と自由奔放に定義されているような雰囲気なので探すのに骨が折れそう。今のところは見当もつかない。

tlkファイルは構造体配列もフィールド配列も個数が1つで、階層構造もあってないようなものと非常にシンプルなので、力業でもなんとかなりそうなのだが、目的のdlgファイルの階層構造は結構複雑なので応用できなさそうだった。

OfficialのProjectsページにGFFをダンプするツールがアップロードされていたが、これもRaw Data Blockには手を着けていない。やっぱり情報が無くて難しいと言うことなんだろうか。もう一つはconversationを検索する機能をもっているのだが、データベース上のエクスポートされる前のデータを参照しているような感じで、ソースは公開されて無い。残念。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。