Arcanum: Of Steamworks & Magick Obscura part.3

Black Rootの居酒屋でお話してたら、Danteが仲間に。基本的に仲間になるまで名前が不確定名だ。DanteはDernholmの税金徴収クエスト後に王と和解してグループから外れるのだが、クエスト完了時にWaitさせて一時的に外しておくことで、そのまま仲間として連れて行ける模様。

バレバレな低スキルのProwling(いわゆるSneaking)をするとNPCの視線をこちらに向けることができる。これは常にその場に立っていて動かないNPCにも有効。これを利用することで、スキルが足りなくてばれてしまうような位置にある扉やチェストの解錠などもできたり。

武器に書いてあるFTってのはこちらのFatigue消耗値かと思っていたが、相手に与えるFatigue減少値のことなのかも。斧とかハンマーとかの重い武器でぶん殴られるとあっという間にFatigueが尽きて動けなくなって死んでしまう。

偶にNPCが壁に向かって突っ込んで消失してしまう。戦闘時に追いかけられてる最中にひたすら逃げ回ってると発生しやすかったり。特にTarantの見せ物屋(博物館?)の近くで夜から朝へと時間経過させると、支配人とGarが出勤する際に同じ部屋のドアから出ようとする。するとお互いに経路がぶつかるのだが、これをGarが迂回しようとして確実に壁に突っ込んで消滅する。まあ、Garは仲間にするのが遅かったようでレベルが低いので、自由にしてFate Pointになってもらうことに。
ちなみにこの見せ物小屋、Falloutで登場するBrahminの剥製が置いてあります。

メインクエストでIsle of Despairへ。巨大な壊れた機械(潜水艦らしい)が横たわっているのだが、こういうのってなんだか良いなあ。しかもAncientなのでロストテクノロジーらしい。絵的にもFallout 2のSpecial Encounterのクジラに似ているなと思った。あれは元ネタありますが、こっちもあるのかな?
この島でのキーパーソンのThorvaldは仲間にならなかった。十分説得できそうだったのだが、どうもレベルが足りなかったらしい。この段階でレベル23以上って周回してやり馴れた人じゃないと中々到達しない気がする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。