Risen part.3

ワールドは思っていたよりも狭いなあ。Islandだからといえばそうなんだが、超絶に広かったVvardenfellは島なんだっけ大陸なんだっけ。とはいえダッシュも無く、起伏に富んだ地形で相当に寄り道ポイントがあってやることには困らん感じ。少なくとも某国製や日本製でよく見られるスケールの指定間違ってるんじゃねえのと思ってしまう平坦で水増し感溢れるマップよりかはマシだ。

Gothic 3もそうだったので予想はついていたが、英語はゆっくり簡潔なのでアホの私でも結構聞き取りやすい。偶に変わった発音をするNPCがいてそういう人物からの会話は聞き取りにくいのでBethesdaゲームよりかは若干難しい。それでも依然としてメインクエストのストーリーラインが見えてこないのは聞き逃している所為なのか、まだそういう段階ではないのか。で、修道院を出た後にハーバーでクエストをこなしていると、The OrderかThe Donのいずれかにreputationを得る二者択一のクエストがしばしば登場してくる。The Orderはチラッと見かけていて向こうからもこちらの町での評判を聞きつけてお呼びもかかっているのだが、The Donはまだ見たことが無いので彼らの本拠地らしきSwampに行ってから決めてみるつもり。多分banditsみたいなもんだと思うが。

しかしながら、いくつか残った修道院のクエストが一向に進展しない。ルーンとクリスタルに関することなんてどこにあるのか分からんし、これが無いので魔法が未だにスクロール無しでは使えない。このクエストと同時期に外に出られる許可を貰ったので外でなんとかするものだと思ったのだが。

ということでスキルについて。Gothicシリーズではおおよそ解錠が結構重要っぽいのでRisenでも速攻で2(最大3)にしたのだが、やはり役に立つ。開け方はGothic 2と同等で左右にロックピックを回す方式。Gothic 3よりもセーブとロードが格段に短くなってるので試行は楽。今回は盗みまくってもばれない限りは怪しまれないしお咎めもないようなので(内部的に記録はされてるかもしれないが)、併せてスニークとスリも取っておくと隙あらば盗めるだろう。盗みとスリが出来ると楽になるクエストも結構あるので、LPに余裕があれば注ぎ込むといいかも。

鍛冶スキルも2までとってみたが、Strengthが高くないと作った剣も装備できないので直ぐには上げる必要は無いみたい。ソード以外にはリングしか作れないようなのでソード以外を成長させる場合には恩恵はあんまり無い感じ。ソードも3種類ほどしか作れないみたいだし(ただし通常品より威力は高い)、ついでに採掘スキルも取らないとなかなか作る機会が無いので、その分のLPを鍛冶関係か他に充てるかどうかは悩ましいところ。お陰で今はレベルの割には戦闘スキルはちょっと低めかなあ。ちなみに修道院の鍛冶師にバスタードソード用のblankを交換して貰おうとしたら鉱石取られただけで貰えなかったので注意。普通のソードとツーハンドのblankは問題無かったし、ハーバーではちゃんと交換してくれたので多分バグだろうけど。

あとはRisenでは回復アイテムの回復量が最大値に対するパーセンテージでは無く、肉の供給量も少ないので焼き肉万歳という訳では無くなった。ということで必然的に後半はポーションと回復魔法に頼りそうな気がするのでレシピさえ手に入れば錬金術スキルはあった方がいいのかもしれない。既に肉だけじゃ満足に回復できないし、植物をポーションにしないで食べるのもなんだかなあ。

Related Posts


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。