The Elder Scrolls II : Daggerfall

マップが水増しゲーとは聞いていたものの、Arenaから改善されてる部分もあってなかなか面白いじゃないですか。少なくとも操作系はバインド変更で今風の操作にできるのでArenaよりも取っつきやすいと思います。Arenaやってるとフィーリングで分かるシステムもあり尚良し。あとはマニュアルの代わりにUESP見ながらで。

Arenaでは迂闊に休んで回復できないので最初のダンジョンはガチで難しめだし、ダンジョンから出たら出たで夜だった場合が宿屋に駆け込むまで絶望的な気分を味わいながら徘徊しなければならないので、Daggerfallはその辺も良し。Impは強いですけどね。というか初期装備によって難易度が全然変わってくるなあ。いきなりEbony Dagger持って始まったときは相当楽だったのですが、Iron系しかない場合は攻撃が素手以外効かないので無視しないとどうにもならんし、普通の雑魚もきつい。

洞窟から出て、ワールドマップを開いてみるとTamrielの一部だけになったものの相変わらずクソ広すぎてワロス。そのまま適当に放浪して街とかに辿り着けるようになってるのかは調べてないのですが、洞窟から出たばっかりの素人にはお勧めできないに違いないので素直にトラベル。今居るDaggrefall地方をクリックして見るとArena以上にびっしりとマーカーが打たれててまた吹く。十字がクロスしてる場所が自分の所在地らしいので適当に近くの街へ。

クエストで見知らぬ場所を示されたらFindで入力。なのだが、DOSBoxのキーボードレイアウトが英字なのでアポストロフィーがどうやっても打てない模様。事前に適当に使わなさそうなキーにバインドしておかないとね。そんなこんなでLady Brisiennaに会えたぞ。さーてキャラメイキングからちゃんとやり直してみるか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。