辛口年末ゲーム感想

Mirror’s Edge

試みは良いのだが、DICEはバランス調整のセンスがなさ過ぎだろう。銃撃戦は苦痛でしかない。銃を奪い取るのを一度ミスしただけでほぼ死ぬのはともかく、敵を無視して逃げ切ろうとすると、パイプ登りのような時間がかかる移動手段が必要になって、大抵は死ぬようなマップ構造になってるのがおかしいんじゃないか。結果的にお粗末な銃撃戦をせざる得なくなり、テンポの悪さを感じる。

各種移動関連は良い感じにプレイヤーが望むような操作が行えるような融通の利く調整はされているのだが、銃撃戦に関しては調整不足なので次々に武器を奪っては捨てて進むようにもできず、普通にプレイしていてもすぐに蜂の巣にされるのも問題だろう。お陰で中盤以降は手近なやつから銃を奪ったら捨てないで物陰に隠れながらこそこそと残りの敵を撃つ羽目になってしまっている。
せめて銃を奪ってる最中は第三者から撃たれていてもダメージ少なく済むようにするべきだったんじゃないか。

 

Prince of Persia

PoPといえばキャラがグネグネ動く横視点のマゾゲーで、初めて買ったPCゲーがPoP2で、UBI後のPoPばかり知られてションボリなオールドな人種。PoP2は異様に難しかったがちゃんとクリアしてて、今でもまたやりたいのだが、Mac版なので動作環境を作るのが大変だ。Mac版だとグラフィックが描き直されてて綺麗なんですよ。

おいしいおかず一品を最初から最後まで食いつづけてねなゲーム。Assassin’s Creedから何も学習していないし、Far Cry 2もそんな感じらしいじゃないか。クリアまで10時間程度という短さが逆にメリットになってるのも珍しい。
戦闘も敵によって趣向が違うのかと思いきや、ボスが使っていた状態異常攻撃を雑魚が何事もなく使ってきたりして没個性化もいいところ。
パワースポットは見てるだけーになりがちなのでいらない気がする。特に終盤は大半が飛んでるだけなので、はい残念でしたー系トラップにさえ気をつけていれば退屈すぎる。

Erikaのお助けシステムは色々妙な点があるので微妙なのかなあ。時の砂は越えられないか。とある謎解きのためだけに用意したんじゃないのとも思ってしまう。加えてそれ以外の唐突な謎解きはテンポ悪くしてるだけでいらんわな。

Erikaとの会話は置いてけぼり感漂うどうでも良い内容ではあるが、強制的に見させられる部分があるのもなあ。スキップできないし。浄化したあとのイチャイチャした会話だけはよかったが、日本語吹き替えは悲惨なので、日本語版はそれすらも楽しめないのだろう。

飛ばせないスタッフロール2回見せるのは馬鹿ですか。

 

Fable 2

あらゆるレスポンスが最低最悪に酷いし、グラフィックも異様に閾値の低いグレアでそこら中がグレアをおこしていて頭がパーなので見辛すぎて本質以外で相当損をしている。幻想的とは言い難い光りすぎのSun Shaftsも重いだけで邪魔なだけだ。バグもスタックも多いので常にイライラしながら。

各所で問われる選択は2極化されているので相当わかりやすい。Fallout系のようなどれを選んでも最善の結果が得られず、悩み抜いて選ばなくてはならないような選択は無い。時折、選択に到るまでの情報提示が不十分で何故その行動が善なのかすら分からないようなクエストがあるのは問題だと思う。ゾンビに宝石返すやつとかね。

メインクエストは途中までは良かったが、最後が無理矢理過ぎて萎えた。1から改善させるためらしいが、3択させたいためにその直前での無理矢理感がもうね。一言で片付けられた人達が浮かばれないし、そもそも3択にする意味が分からない。I want to be rich.はともかく、残りの2つは一緒でも何ら問題ないだろう。何故分ける。STALKERの多彩なバッドエンドの方がマシだ。
さらに追い打ちをかけるような最後の一言で、一連の20年以上の因縁とそれに関わってきた人々が、テレサの手の上で踊ってただけに思えて余計に萎える。

GTA IV PC

酷すぎて笑えねえ…

 

オートランでいきなり文字化け

Rockstar Game Social Clubに登録しても認証メール来ない

別のメアドで取り直して開始するも超絶文字化けエラーダイアログで開始せず

SP3にしたらやっと起動(SP1~3が動作対象に入ってるのに)

グラフィック設定の自動設定が余裕で不相応な設定に

設定落としてベンチマーク起動したら途中でクラッシュ

しょうがないので普通にスタートしたらどう設定変えても1分ほどでクラッシュ

 

ゲームにならんなこりゃ。サポートサイト読みながらしばらく様子見か。

スポア!

作るのは面白いのだが、ゲームの方はうーん…のんびりできるクリーチャー版シムモードとか箱庭生態観察的なものが欲しいところですね。

あとはDRMと作者バグと諸々のバグがどうなるのか気になる…

そんなところで、シューターとしては往年の名機を作りたくなるわけですが、制約はあるものの某パーツ組み合わせモデリングソフトよりもさらに作るのが楽なので、ある程度妥協すればそれっぽい形にはなりますね。

とりあえず、R-GRAY1とブラックフライとシルバーホークとビックバイパー作ってみた。タイトーシューばっかりですが…

本編でバーンと宇宙に飛翔していく姿はなかなか感慨深いですね。

viper.jpg

他の人が作ったビックバイパー見てたらやたらディティールが細かくて凄かったが、V版がモデルなんですね…上のように白くてシンプルなのはIII版が元らしい。V版は横から見るとシャープで格好いいのですが、上から見るとなんじゃこら。

立体物があるとかなり作りやすかったが、R-9は無いので苦戦中。

Alone in the Dark

発売前はwktkしてたのですが、箱○でムービー公開してる割に日本語版の話が全く出なかったり、発売直前の微妙な騒動があったり、発売後は全く音沙汰が無かったりな「Alone in the Dark」ですが、やっとこ買いました。

蓋をあけてみると中々面白いです。映画っぽい驚くシチュエーションを自分で頭を使って切り抜ける感じがグッド。

ですが、操作性が悪すぎる。視点移動はアナログスティックを前提にしてるのかもっさりしてるし、箱○コントローラー前提にしてはキーが多いし、FPS操作は普通なのにTPS操作はバイオ方式になったり、そのくせFPS視点にしててもコロコロTPSに視点が変えられたり、変えないとできないことが多かったりで大変です。
武器を構える操作もマウスだと非常にやりにくいなあ。

あと、普通に回復アイテムが全然でなかったり、攻撃が慣れないと中々当てれないし、操作性の悪さからくる操作のもたつきでダメージくらったり、シリーズの伝統ぽく洋ゲーらしく殆どノーヒントだったりで初回プレイは結構難しいです。

で、冒頭の日本語版どうなってるんやねんというのですが、出そうと思えば出せるんじゃねレベルだと思います。というのも、起動したらなんか文字が既に日本語訳されてるんですけど。
いくつか表示されないダイアログがあったり、言語一覧に日本語がなかったり、日本語音声が収録されてないので日本語に設定したままだとボイスが無音になるので実際は使えたもんじゃないのですが、ポーズ中のオブジェクティブなんかも日本語に訳されてるので、コストがあまりかからずに翻訳できるところはやってる感じなんでしょうか。

その弊害か日本語OS環境では、言語を英語にしてもキーバインドの一部の割り当てキー文字が文字化けしてたりするので、操作性の悪さも相まって文字化けしない使いやすいキーにコンフィグ必須みたいな感じになっています。

パッチでねえかなあ。

 

アイテムにサイリュームが出てきて、昨日が昨日だけにちょっと物思いに耽ってしまったは。

 

(追記)

古き時代のゆっくり死んで覚えてね!なゲームだなあ、とタクシーで逃げるシーンをクリアして思った。これまだ序盤でこの難易度ですがな。だがしかし面白い。ただ、その前のウネウネをやり過ごすところは明確な解決法が特に見つからないまま壁際でウロウロしてて運打開してしまった…
これはいただけない。

うーん、銃で頭を撃ち抜くムービーシーンがリアルでえぐい。

 

(追記2)

海外レビューワロタ。箱○でも操作が糞らしい。6.5点あたりのレビューがかなり的を射てるんじゃないのかなあ。