Downfall

Harvester Gamesの処女作。
GamersGateWadjet Eye Gamesで取り扱っている。

Downfall.jpg

The Cat Ladyの直接的な前作にあたるわけではないが、この二つの関係はHarvester GamesのRemigiusz Michalski曰く、”Same World”である。
主人公のJoe Davisとその妻のIvyが、The Cat Ladyにカメオ出演しているのはdemoからも分かることであるが、それ以外にも同じようなワードや開発者の趣味が出ているし、夫妻以外でも共通の人物(?)が登場する。だからThe Cat Ladyの前にやっておかなくてはならないというのではなく、どちらを先にせよ両方やることで、二つのゲームに対してより理解が深まるという類だと思う。
ただし、The Cat Ladyは単品でも非常に楽しめる名作であるが、Downfallは単品で楽しむにはやや厳しいところが多いので過剰な期待は禁物である。

このゲームの難点をつらつらと述べていくとキリがないほど多いし、その全てはThe Cat Ladyで素晴らしくなっているので割愛していくが、全体的に作りは荒々しい。鉛筆描きをそのまま取り込んだようなアートも意図してやっているのだろうけれど、個人的には雑な印象を受ける。
ゲームの内容はとにかく実験的で尖ってはいるし、取り扱っている幾つかのテーマも耐性のある大人向けという感じではあるのだが、割と脈絡なく行き当たりばったりにそういった(悪趣味な)シチュエーションをただ配置してみた…ような感じである。結局あれはなんだったの?ただ入れてみたかっただけなの?という箇所は非常に多いし、その原因はゲームを進めると分かるのだがあまり良くないやり方である。
The Cat Ladyでの彼の状況を知っていると、まあそういう類の話なんだろうなと予想はつくのだが。

ちなみに、不適切な内容が原因でSteamでの販売の審査には通らなかったらしい(真偽は不明だが…そのページには他にもTriviaがいくつか書かれている)。
プレイ前は、暴力とかヌードとかグロとかの表現が過激すぎて問題だったのかと思っていたのだが、そうではない。これは一般的な流通では出せないだろうという、一目で分かる”あるテーマ”が扱われていたので、それが原因なのだろう。GamersGateや故Direct2Driveは、よくこのゲームの販売を承認したものだと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。