Vampire: The Masquerade – Bloodlines part.8

いかんせん一昔前のゲームでテクスチャの解像度が低いので、Anisotropic Filterが非常に効果的。

DisciplinesのThaumaturgyのPurgeは、対Vampireの場合は普通にダメージを与えるだけだが、それ以外の有効な相手に使うとしばらくの間完全に無力化できる。DominateのSuicideが効かない敵にも非常に効果的だった。

Hollywood

Main Quests

  • Going the Way of Kings
    目的の場所に行くと、どこからも入れなさそうだが壁のツタを伝って2階にあがれるので、そこから入る。戦闘しながら下へ降りて行く。Occult Itemが机に置いてあるので忘れずに。
    地下まで行くとボスがいるので話を聞けるだけ聞いて倒す。
    無限沸きの取り巻きがいるモグラ叩きなので、出てきそう場所に行って近ければ取り巻きを無視して殴る、遠かったら取り巻きを相手にして体力を温存するのが良いのかな。
    ボス倒した時点でquestは解決するが、これからNosferatuの住処を探しにひたすら長く深い下水に入ることに。

 

Side Quests

  • Hot Stripper Assassin Action!
    VesuviusにいるVelvet Volourに話して会話を進めていると発生。付け狙っているHunterを始末して欲しいとのこと。ただし、他に被害者を出さないで誰にも気づかれずに。HunterはSin Binでいるのでそこへ。
    端末を使ってPeep Showを中止させたり、両替機から小銭を抜き取ったり、控え室にいる女性を買うなり外で待ってる人がいるよなり言って、カウンターにいるおっさんとHunter以外が店の中に居ない状態にしてから倒す。吸血するのが騒ぎにならないし一番楽かな。V.V.に報告して完了。
    ちなみにSeductionが高いとV.V.を口説きまくれるが、Jeanetteと違って特に何もないというか割と適当に流される模様…

 

  • B-Rated Writer
    V.V.2つめの依頼。V.V.が惚れ込んでいる作家から、Vampire Societyについて忠実に書かれた脚本を殺さずに奪ってくるのと、Societyについて情報を漏らしたやつを始末する。
    Luckee Star Motelに行って適当に話術系featsで脚本を渡して貰って、情報提供者についても聞き出す。
    情報提供者はSanta Monicaの海岸にいるのでそこへ。ゲーム開始時からいた奴なので何度か事情を聞く機会はあったはず。その事情を踏まえて、殺すか金を奪って逃がすか、見逃すかを会話で選択していく。
    解決したらV.V.に報告して完了。見逃した場合でも始末したと言っておかないとまずいかも。報酬として貰ったphotoは高値で売れるだけ。
    恐らくミスをしないでV.V.関連の2つのquestsをクリアすると、HeavenにV.V.のposterが貼られるようになる。

    さらにしばらくゲームを進めるとお礼のメールが届くのだが…思いっきり営業メールなニュアンスに感じられるのは私だけなんだろうか。言葉通りにVesuviusに行くとお立ち台で踊っていて話せなくなってるし。Jeanetteなんかもメールはくれるのだがこちらは…

 

  • You Only Die Once a Night
    墓地にある家に入って、Romero会話を進めると発生。
    Romeroが少し墓地から離れたいのでその間代わりにZombiesを墓地から外に出ないようにして欲しいとのこと。
    5分間、家の付近の扉に到達されないようにZombiesを倒して防衛していくのだが、かなり硬いし数が増えていくので至難。無理そうなら断ってPimpin’ For Romeroを受ける。
    報酬の一つはFirearms skillが2以下なら、教えてもらって1ポイントあげることが出来る。

 

  • Pimpin’ For Romero
    RomeroからYou Only Die Once a Nightを断った場合に発生。
    墓地から離れられず溜まっているので女性を連れてきて欲しいとのこと。適当に娼婦に話しかけて説得して連れて行けば完了。
    主人公が女性の場合はそんなことすらせずに、自分を差し出すことも出来るのがなんともTroikaらしい。
    報酬はYou Only Die Once a Nightよりも経験値が少ないだけで他は同じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。