Arcanum: Of Steamworks & Magick Obscura part.4

Ancient Templeを攻略していたら話せる骸骨が。なにやら生き返りたいのでDragon’s Bloodを取ってこいと。で、取ってきたらなにやらDernholmとIsle of Despairで話には聞いていたThe Dragon Knightsの一人らしい。そういうこともあって恐らくEvilなNPCな所為か仲間にはなってくれなかった。結構強そうだったので期待していたのだが。

このゲームは普通のクエストをクリアするとかなりのペースでGoodに傾いていくので、ちょっとやそっと悪いことをしたくらいではEvilになることは全然無い。あまりにNPCを殺しすぎると、重要なNPCが死んだり嫌われて殆ど情報が引き出せなくなったりで色々と進めにくくなるだろうし、Evilプレイは結構大変なんじゃなかろうか。

さて、Isle of Despairで得た情報からWheel Clanへ。
罪滅ぼしに引き籠もっている王様のLoghaireを再起させるように会話を選んでいく。その前にINT10にして、息子からドワーフの思想である”Stone and Shape”について聞いておく。Loghaireは適当に話していても、BMCのドワーフが居なくなった経緯の筋が通っていないことに気がつき始めるのだが、さあこれからどうしようかということになって、”Stone and Shape”を踏まえて再起するようにもっていける。”Stone and Shape”はこのゲーム独自のドワーフの思想なので会話が少し難しいが、頑張って進めておく。と、先人の知恵から。

Wheel Clanでは家宝を取ってくるというサイドクエストがなかなか面白かった。結局のところ家宝はおもちゃの汽車で、こんなのが家宝なのかよと言いたくなって実際にそれを聞けるのだが、どうも1000年ほど前から受け継がれているおもちゃらしい。Arcanumの世界で蒸気機関が発達し、汽車ができたのはつい最近の時代です。ドワーフのロストテクノロジーの証であると分かると、単なるおもちゃが偉大な家宝に見えてくる。Isle of Despairの古代の機械もドワーフのものだったのかもね。

Loghaireから聞き出した話によるとエルフが関わっているようなので、エルフの住処であるQintarraの場所の特定をしにStillwaterへ。
考えてみれば今まであまりエルフを見かけたことがなかった気がする。人間と容姿が似ている所為もあるが、人間以外でよく目につくのはノームかハーフオーガだ。なので、Stillwaterではあまり見慣れないエルフを探す。
エルフはいるにはいるのだが、ちょっと変わっているエルフで無茶難題を出してくる。解決まではあまり長い手順は必要無いが、途中でTarantに戻る必要があって、気がつかなければかなり悩みそう。このクエストに限らず、クエストは途中過程で何をすればよいのか提示されることはあまり無いので、手がかりは自分で探し出す必要が多い感じだ。全然関係なさそうなイベントが起きたと思って進めていたら、既に進めていたサイドクエストに関連していたとか結構ある話。
INTが高いと上手く説得してショートカットできたりしそうな気がするが、本物のクエストアイテムを本物と思ってもらえず、結局出来合いの偽物を探してくるという、なんだか変なクエストだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。