Velvet Assassin preview

50点てmetascore低すぎないか?問題があるというよりも古典的なシステムとレベルだが、少なくとも2,3時間やった現段階ではX-Bladesより断然面白いぞ。

 

  • 基本全員暗殺
  • 見つかると大抵大ダメージ食らうので、死んでやり直し推奨

スプセルなんかも、見つかると脳筋ゴリラのくせにあっさり死ぬのだが、これは女性諜報員かつ破壊工作員なので納得はいく。

 

  • ごり押し不可
  • チェックポイントセーブのみで間隔は結構長いが、死んでやり直しが頻発

すぐ死ぬのだが10分、20分間隔での区間通過セーブなので、じわじわ確実に進めないと駄目。死んで覚えるゲー。今のところは苦にならないが、クイックセーブが欲しい。readme見る限り開発者モードにはあるようなのだが…

 

  • 敵のAIはスクリプト的な動きで、相当アホ
  • 音と視界は結構敏感なので、近づくには暗闇でも必ず背後でスニーク状態から
  • ばれた場合は目視&増援の声が届く範囲内の敵が反応
  • 逃げ切るか全滅させると警戒は収まる

要するに巡回はMGSレベルで決まったルートを彷徨くだけ。音を聞いたりや死体や主人公を目撃しない限りは警戒してこないし、NOLFのような周囲の状況変化への反応も音と死体と光源以外は無い。見失った時の追跡は割とマメに探してくるので若干シビア。

 

  • 動的な影を利用したステルス性
  • ほぼリニアだが悪くないマップデザイン
  • モルヒネと銃は救済策
  • NOLF2風成長システム

ステルスは影に潜むと極端に見つかりにくくなる所謂Thief方式。換気扇の回転と共に動く影にそって歩くとばれないとか昔では出来なかった技術を結構上手く利用していてよい。
敵の配置は特定の地点で特定のタイミングで殺せばベターという解のあるものになってるので理不尽さは無い。
新要素のモルヒネはほぼザ・ワールド状態で一人殺すと終了。チュートリアル以外使わないと抜けられない状況は無かった。銃の弾数は一桁程度なので乱発出来ない。
成長システムは収集アイテムが少なめだし見落としもあるので、今のところ実感できないなあ。

 

  • 重めでまあまあ凝ったグラフィック
  • 良い感じの雰囲気
  • しかし全体的に地味

特に主人公はなかなかリッチにテクスチャが使われているので、テカりがみずみずしくて美しい。しかしシェーディングは至って普通なので、ライトが当たってない状態だとのっぺりとしてしょぼく見えてしまう。大半は影の中に潜むこのゲームではあまり目立ってないのが残念なところ。

世界観はWWIIで、特にハイテクメカとか豊富な銃器というのがでてくるわけではないので重々しくはあるが地味だ。ドイツ兵はきちんとドイツ語喋ってくれたりするので雰囲気出ていいんだけどね。

va.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。